六足論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

六足論(ろくそくろん)とは、仏教部派の1つである説一切有部における、6つの論書の総称。この「六足論」に対して、『発智論』を「身論」と呼ぶ。

大正蔵では第26巻「毘曇部一」のNo1536-1542にかけて収録[1]

構成[編集]

六足論は、以下の6論から成る。

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ WEB大蔵経目録 (PDF) pp63-64
  2. ^ a b 石田 2015, p. 1282.
  3. ^ a b c d 木村 2019, pp. 107-106.
  4. ^ a b c d e f 木村 2019, pp. 106-105.
  5. ^ a b 榎本 1993, p. 491.

参考文献[編集]

関連項目[編集]