六足論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

六足論(ろくそくろん)とは、仏教部派の1つである説一切有部における、6つの論書の総称。この「六足論」に対して、『発智論』を「身論」と呼ぶ。

大正蔵では第26巻「毘曇部一」のNo1536-1542にかけて収録[1]

構成[編集]

六足論は、以下の6論から成る。

  • (阿毘達磨)集異門足論』(あびだつま しゅういもんそくろん、Abhidharma-saṃgīti-paryāya-pāda-śāstra, アビダルマ・サンギーティ・パリヤーヤ・パーダ・シャーストラ
  • (阿毘達磨)法蘊足論』(あびだつま ほううんそくろん、Abhidharma-dharmaskandha-pāda-śāstra, アビダルマ・ダルマスカンダ・パーダ・シャーストラ
  • (阿毘達磨)施設足論』(あびだつま せせつそくろん、Abhidharma-Prajñapti-pāda-śāstra, アビダルマ・プラジュニャプティ・パーダ・シャーストラ
  • (阿毘達磨)界身足論』(あびだつま かいしんそくろん、Abhidharma-dhātukāya-pāda-śāstra, アビダルマ・ダートゥカーヤ・パーダ・シャーストラ
  • (阿毘達磨)識身足論』(あびだつま しきしんそくろん、Abhidharma-vijñānakāya-pāda-śāstra, アビダルマ・ヴィジュニャーナカーヤ・シャーストラ
  • (阿毘達磨)品類足論』(あびだつま ほんるいそくろん、Abhidharma-prakaraṇa-pāda-śāstra, アビダルマ・プラカラナ・パーダ・シャーストラ

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]