阿弥陀経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。

阿弥陀経』(あみだきょう)は、大乗仏教経典の一つ。原題は『スカーヴァティー・ヴィユーハ』(: Sukhāvatī-vyūha )で、「極楽荘厳」「幸あるところの美しい風景[1]」の意味である。サンスクリットでは同タイトルの『無量寿経』と区別して『小スカーヴァティー・ヴィユーハ』とも呼ぶ。略称は、『無量寿経』の『大経』に対して、『小経』と呼ばれる。『阿弥陀経』は、弟子の質問に答える形の経ではなく、釈尊自ら説かれた経であるため「無問自説経[2]」ともよばれる。

概要[編集]

1世紀ころ、北インドで成立したと推定されている。サンスクリット原典、漢訳、チベット訳が現存する。

日本では、一般に『仏説阿弥陀経』(鳩摩羅什訳)を指す。詳細は下記の『仏説阿弥陀経』を参照のこと。

サンスクリット原典も古くから日本に伝えられ、円仁請来目録にその名が見られる(『梵漢両字阿弥陀経』)。江戸時代から出版・研究されてきた。

サンスクリット原典[編集]

日本に伝えられていた原典が1894年に英訳され、フリードリヒ・マックス・ミュラーにより出版されている(「オクスフォード本」と称される『東方聖典叢書』第49巻)。

漢訳[編集]

仏説阿弥陀経[編集]

鳩摩羅什訳による仏説阿弥陀経

内容[編集]

まず阿弥陀仏の極楽浄土荘厳を説き、次にその浄土に往生するために阿弥陀仏の名号を執持(しゅうじ)すること[3]を勧め、次に六方世界[4]の諸仏がこの説を讃嘆・証誠して信ずることを勧めていることを話した後、極楽に生まれるように願いを起こすべきであることを再び説く。

仏説小無量寿経[編集]

  • 『仏説小無量寿経』1巻 劉宋の求那跋陀羅(ぐなばだら)訳(455年ごろ訳出)
  • 欠本。

称讃浄土仏摂受経[編集]

  • 『称讃浄土仏摂受経(しょうさんじょうどぶっしょうじゅきょう)』1巻 玄奘(げんじょう)訳(650年訳出)。
  • 『大正蔵』 第12巻 P348~P351。
  • 鳩摩羅什訳の六方世界に対して、十方世界に増やされている。また、異民族を差別する思想が見られる。

チベット訳[編集]

ナルタン版、デルゲ版、北京版の3種類。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『浄土三部経』下〈岩波文庫版〉、133頁
  2. ^ 説一切有部で編纂された『ウダーナヴァルガ』もこの名で漢訳されることがあるが、内容は別である。
  3. ^ 阿弥陀仏の名号を執持すること…「仏の名をしっかりと心に置くこと」だが、善導以降は特に称名念仏のことと解釈された。岩波版 175頁
  4. ^ 六方…東方世界・南方世界・西方世界・北方世界・下方世界・上方世界のこと。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]