サンヴァラ系タントラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サンヴァラ系タントラ(サンヴァラけいタントラ)とは、仏教の後期密教経典、いわゆる無上瑜伽タントラの中の一群の総称。

母タントラの先駆である『サマーヨーガ・タントラ』(Samayoga Tantra) (通称「サンヴァラ」(Samvara)) を参照しつつ、その内容を換骨奪胎しながら成立した[1]。同じく母タントラに分類されるヘーヴァジュラ系統と双璧を成す。

9世紀後半の『チャクラサンヴァラ・タントラ』(『ラグサンヴァラ・タントラ』)を嚆矢として、それに連なる様々なタントラが作られた。

「サンヴァラ」の意味は、一般的には「至福」を意味すると解釈される。そのため漢字では、「勝楽」「最勝楽」等と訳される。また他方では、「秘すること」「守ること」という意味に解釈されることもある[2]

サンヴァラ系タントラ一覧[編集]

サンヴァラ系タントラに分類される主な経典は以下の通り[3]

第1期[編集]

第2期[編集]

第3期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 田中公明 2007, p. 217-218.
  2. ^ 杉木恒彦 2007, p. 5.
  3. ^ 杉木恒彦 2007, p. 14-19.

参考文献[編集]

  • 杉木恒彦 『サンヴァラ系密教の諸相―行者・聖地・身体・時間・死生』 東信堂、2007年8月。ISBN 978-4887137738 
  • 田中公明『金剛場荘厳タントラ』 の成立とインド密教史上における位置」『東洋文化研究所紀要』第152巻、東京大学東洋文化研究所、2007年12月、 ISSN 05638089NAID 1200008703642020年7月19日閲覧。

関連項目[編集]