成実論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

成実論』(じょうじつろん、: Satyasiddhi-śāstra, Tattvasiddhi-śāstra)は、訶梨跋摩(かりばつま、Harivarman, ハリヴァルマン)によって著された、16巻の仏教論書である。

概要[編集]

鳩摩羅什の漢訳が現存しているが、サンスクリット本およびチベット語訳本はない。翻訳は、弘始13年(411年9月8日に始めて、同14年9月15日に終了している。経量部に立ち、それに大乗仏教を加味しながら、説一切有部の基本的立場であるの実有(じつう)思想を批判し、法がであることを強調する論書である。また、心を本体()と心理現象(心所)とに分ける説に反対して、一つのまとまりあるものとして捉えることを主張している。

202品で、35品までに三宝を明かし、続いて94品までに苦諦、140品までに集諦、154品までに滅諦、202品までに道諦を明かしている。仏教以外の学説も、多く引用している。中国では、『倶舎論』が翻訳されるまでは仏教教理の綱要書の代表とみなされ、盛んに研究されて、成実宗を形成するに至った。ただし、『成実論』が大乗論書であるか部派論書であるかということで論議が生じた。

参考図書[編集]

関連項目[編集]