十誦律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

十誦律(じゅうじゅりつ)とは、仏教教団における規則や作法、戒律などをまとめた律書のひとつで、説一切有部によって伝承されてきたもの。四分律五分律摩訶僧祇律とともに四大広律のひとつに上げられている。

概要[編集]

404年から409年にかけて弗若多羅・鳩摩羅什によって漢訳され、61巻からなる。

主な内容[編集]

  • 比丘戒257条
  • 雑誦など17条
  • 教団組織などに関する規則
  • 比丘尼戒355条

主な文化財[編集]

  • 重要文化財
  • 滋賀県指定有形文化財
    • 財団法人布施美術館(滋賀県長浜市)『十誦律巻第五十一』

関連項目[編集]