鳩摩羅什

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鳩摩羅什
344年 - 413年(または350年 - 409年)
生地 亀茲国
没地 長安
須利耶蘇摩
弟子 道生・僧肇・慧観・僧叡
著作 『大乗大義章』

鳩摩羅什(くまらじゅう、くもらじゅう、サンスクリット語: कुमारजीवKumārajīva、クマーラジーヴァ、344年 - 413年[1]、一説に350年 - 409年とも)、亀茲国(きじこく[2][注釈 1])(新疆ウイグル自治区クチャ県)出身の西域僧、後秦の時代に長安に来て約300巻の仏典を漢訳し、仏教普及に貢献した訳経僧である[3]。最初の三蔵法師。のちに玄奘など、多くの三蔵法師が現れた。時にのちの玄奘と共に二大訳聖と言われる。また、真諦不空金剛を含めて四大訳経家とも呼ばれる。三論宗成実宗の基礎を築く。

漢名の鳩摩羅什(くまらじゅう)はサンスクリット名のクマーラジーヴァの音写である[1]。略称は羅什(らじゅう)または(じゅう)。

略歴[編集]

キジル石窟の入り口前の広場に最近建てられた鳩摩羅什の
臨終の直前に「我が所伝(訳した経典)が無謬ならば(間違いが無ければ)焚身ののちに舌焦爛せず」と言ったが、まさに外国の方法に随い火葬したところ、薪滅し姿形なくして、ただ舌だけが焼け残ったといわれる(『高僧伝』巻2)。

訳出した経典[編集]

主なもの。

鳩摩羅什訳による仏説阿弥陀経

一部の経典において、大胆な創作や意訳の疑いが指摘されるものの、彼の翻訳によって後代の仏教界に与えた影響は計り知れない。なお、玄奘三蔵による訳経を「新訳」(しんやく)と呼び、鳩摩羅什から新訳までの訳経を「旧訳」(くやく)それ以前を古訳と呼ぶ。

著書[編集]

弟子[編集]

道生僧肇慧観僧叡の4人を四哲と称す。その他に、道融曇影慧厳道恒道常などを加えて十哲と称される(なお書により異説あり一致しない)。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「きゅうじこく」とも言う[2]

出典[編集]

  1. ^ a b 「世界大百科事典 第2版」2006年 平凡社
  2. ^ a b 「亀茲」 - ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  3. ^ 井波律子(編集)「中国史重要人物101」2005年 新書館 ISBN 4403250203
  4. ^ P. 115 Chinese religions By David Howard Smith
  5. ^ a b 船山徹 『仏典はどう漢訳されたのか - スートラが経典になるとき』 岩波書店、2013年、27-29頁。
  6. ^ 慧皎撰『高僧傳卷第二』に「初什一名鳩摩羅耆婆。外國製名多以父母爲本。什父鳩摩炎。母字耆婆。故兼取爲名。」とある。(SATデータベース T2059_.50.0333a07~a09)
  7. ^ a b 植木雅敏 『仏教、本当の教え』 中央公論新社〈中公新書〉、2012年(5版)、90頁。

伝記資料[編集]

諏訪義純、中嶋隆蔵訳 『高僧伝』(中国・日本篇14「大乗仏典」 中央公論社 1991年)

関連項目[編集]