宮坂宥勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮坂 宥勝(みやさか ゆうしょう、1921年5月20日[1] - 2011年1月11日[1][2])は、日本仏教学者インド哲学研究者、名古屋大学名誉教授真言宗智山派管長

人物[編集]

専門は真言密教インド哲学。総本山智積院化主真言宗智山派管長兼任)を務めた後は、郷里に戻り照光寺長老。

師に渡辺照宏、子に仏教学者の宮坂宥洪密教学・空海関連を主に多数の編著・著書がある。特に『弘法大師空海全集』(全8巻、筑摩書房)では監修者を務めた。

初期はダルマキールティニヤーヤ学派などインド論理学の研究を行い、「インド仏教の認識論」により文学博士(東北大学)。

経歴[編集]

著作[編集]

  • 『真言のおしえ』高野山出版社 1961
  • 『密教の真理(真言のおしえ 第3集)』高野山出版社 1964
  • 『真理の花たば 法句経筑摩書房 1965 新装版1980(現代人の仏教 第2集)/仏教選書 1986
  • 『続 お大師さまのことば(真言のおしえ 第4集)』高野山出版社 1965
  • 『人間の種々相 秘蔵宝鑰『空海』』筑摩書房(日本の仏教 第4巻) 1967
    • 『密教世界の構造 空海『秘蔵宝鑰』』筑摩書房(筑摩叢書) 1982/ちくま学芸文庫 1994
  • 『宗教的生命の思慕 宮坂宥勝集』教育新潮社(昭和仏教全集) 1967
  • 『お経のはなし 経典ダイジェスト』高野山出版社 1967
  • 『財と労働の価値 仏教の経済観』佼成出版社(人生と仏教 第7集) 1969
  • 『仏教の起源』山喜房仏書林 1970
  • 『釈尊 その行動と思想』評論社(東洋人の行動と思想 第1集) 1975
  • 『密教への誘い』人文書院 1979
  • 『密教思想の真理』人文書院 1979
  • 『日本仏教のあゆみ』大法輪閣 1979/改訂新版 2010
  • 『インド仏跡の旅』人文書院 1980
  • 『ラテン・アメリカの旅』人文書院 1980。サンパウロ大学客員教授で行った
  • 『インド古典論』(上下) 筑摩書房 1983-1984
  • 『密教思想論』筑摩書房 1984
  • 『空海 生涯と思想』筑摩書房 1984/ ちくま学芸文庫 2003
  • 『密教経典』筑摩書房(仏教経典選)1986/講談社学術文庫 2011
  • 『仏教語入門』筑摩書房 1987
    • 『暮らしのなかの仏教語小辞典』ちくま学芸文庫 1995
  • 『密教の学び方』法蔵館 1992
  • 『悠々と生きる 「空海」・「密教」が教える生命のマンダラの生かし方』大和出版(仏教の心) 1992
  • 『空海曼荼羅』法蔵館 1992
  • 『インド学密教学論考』法蔵館 1995
  • 『空海・死の喜び 密教への入り方 死からの逃避が人生を空しくさせる』大和出版 1995
  • 『生き方としての仏教』法蔵館 1997
  • 『いのちの教え 空海密教を生きる』中外日報社 1997
  • 宮坂宥勝著作集』(全6巻:法蔵館、1998)
  1. 仏教の起源
  2. 釈尊の生涯と思想
  3. 仏教と社会・経済
  4. 密教の思想
  5. 空海密教
  6. 密教の種々相

共編著[編集]

  • 『高野山史』佐藤任共著 高野山文化研究会 1962
  • 『沙門空海』渡辺照宏共著 筑摩叢書 1967/ちくま学芸文庫 1993
  • 『仏教の思想 第9巻 生命の海<空海>』梅原猛共著 角川書店 1968/角川文庫 1996、新版・角川ソフィア文庫
  • 『天台 真言 日本の仏教』壬生台舜共著 春秋社 1971
  • 『日本仏教基礎講座 第3巻 真言宗』雄山閣出版 1980
  • 『空海 思想読本』 法蔵館 1982
  • 『仏教 流伝と変容』(上下)前田恵学共編 大阪書籍(朝日カルチャーブックス)1986
  • 『佛典講座16 理趣経福田亮成共著 大蔵出版 1990、新装版2003
  • 『密教大系』全12巻 法蔵館 1994。編集委員の一員
  • 『不動信仰事典 神仏信仰事典シリーズ』戎光祥出版 2006

翻訳[編集]

  • ヴァーツャーヤナ『ニャーヤ・バーシュヤの論理学 印度古典論理学』山喜房仏書林 1956
  • 『国訳一切経 和漢撰述 42 論疏部 第22』渡辺照宏共訳 大東出版社 1960
  • 日本古典文学大系 83 仮名法語集』校注 岩波書店 1964
  • 『日本古典文学大系 71 三教指帰性霊集』渡辺照宏共注 岩波書店 1965
  • 『日本の思想 1 最澄・空海集』筑摩書房 1969。渡辺照宏解説。「秘蔵宝鑰」を担当
    • 新装版 『日本の仏教思想 最澄・空海』 筑摩書房 1986
  • 華厳経十地品 世界の大思想 第Ⅱ期 第2巻』河出書房新社 1969
  • 興教大師撰述集』山喜房仏書林 1977
  • S.B.ダスグプタ『タントラ仏教入門』桑村正純共訳 人文書院 1981
  • アーネスト・マッケイ『インダス文明の謎』佐藤任共訳 山喜房仏書林 1984
  • 大日経東京美術 1992
  • 空海『秘蔵宝鑰』四季社(傍訳弘法大師空海)2000。各訳者代表
  • 空海『性霊集』四季社(傍訳弘法大師空海)2001
  • 空海『秘密曼荼羅十住心論』全5巻 四季社(傍訳弘法大師空海)2001-2002
  • 空海『即身成仏義・声字実相義』四季社(傍訳弘法大師空海)2002
  • 空海『般若心経秘鍵・吽字義』四季社(傍訳弘法大師空海)2002
  • 『ブッダの教え スッタニパータ』法藏館 2002
  • 『真言宗読経偈文全書 4 大日経疏(抄)』四季社 2003
  • 空海『三教指帰』四季社(傍訳弘法大師空海)2003

論文[編集]

記念論集[編集]

  • 『インド学密教学研究-宮坂宥勝博士古稀記念論文集』(上下)[3]/ 同刊行会編、法蔵館 1993.7

脚注[編集]

[ヘルプ]
先代:
片山宥雄
真言宗長者
第39代:2005年
次代:
佐藤令宜
先代:
近藤隆敬
智積院化主
第68代:1999年 - 2007年
次代:
阿部龍文
先代:
近藤隆敬
智山派管長
第23代:1999年 - 2007年
次代:
阿部龍文