仏教伝道文化賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

仏教伝道文化賞(ぶっきょうでんどうぶんかしょう)は財団法人仏教伝道協会(現在は、公益財団法人仏教伝道協会)が、仏教の普及・伝道に功績あった者に授与する賞。

目次

概要・沿革[編集]

1967年(昭和42年)開始。1973年(第7回)より功労賞を創設。

第45回(平成23年)までは「文化賞」と「功労賞」の2種類を設け、文化賞にはA項、B項、C項があった。

  • A項 - 研究・論文・著述・翻訳・踏査・出版・その他
  • B項 - 文芸・美術・音楽・評論・その他
  • C項 - 伝道者・実践者・その他

平成24年より仏教伝道文化賞沼田奨励賞を設けた。

各年の受賞者[編集]

第1回から第10回[編集]

第1回(昭和42年)[編集]

文化賞
  • 岩野真雄:A項 - 経典の和訳、出版事業に献身
  • 紀野一義:B項 - 啓蒙著書作多く、仏教現代化に貢献

第2回(昭和43年)[編集]

文化賞

第3回(昭和44年)[編集]

文化賞
  • 梅原猛:A項 - 哲学者として仏教思想研究に専念
  • 常光浩然:C項 - 全一仏教運動に献身。実践の人

第4回(昭和45年)[編集]

文化賞
  • 平川彰:A項 - 『初期大乗仏教の研究』等の研究成果
  • 丹羽文雄:B項 - 『親鸞』著作ほか仏教文学高揚

第5回(昭和46年)[編集]

文化賞

第6回(昭和47年)[編集]

文化賞
  • 藤田宏達:A項 - 原始浄土思想の研究で先駆的業績
  • 小野清一郎:C項 - 法曹界の最高権威。熱烈な親鸞信者

第7回(昭和48年)[編集]

文化賞
功労賞
  • 野生司香雪 - 釈尊を題材とする仏教画制作に生涯を捧げる

第8回(昭和49年)[編集]

文化賞
  • 武田泰淳:B項 - 作家、宗教者として叡智を探求
  • 常盤勝憲:C項 - 盲人福祉と救ライ運動に活躍
功労賞

第9回(昭和50年)[編集]

文化賞
功労賞

第10回(昭和51年)[編集]

文化賞
功労賞

第11回から第21回[編集]

第11回(昭和52年)[編集]

文化賞
功労賞

第12回(昭和53年)[編集]

文化賞
  • 中村瑞隆:A項 - 仏跡踏査、カピラ城跡の発掘調査。
  • 加藤辨三郎:C項 - 外護者として「在家仏教運動」に献身。
功労賞

第13回(昭和54年)[編集]

文化賞
  • 長尾雅人:A項 - 『大乗仏典』シリーズ他監修・編纂。学術調査。
  • 土門拳:B項 - 写真による仏教美術の普及に功績。
功労賞

第14回(昭和55年)[編集]

文化賞
功労賞
  • 那須政隆 - 密教教学の第一人者。布教に献身。

第15回(昭和56年)[編集]

文化賞
功労賞

第16回(昭和57年)[編集]

文化賞
功労賞

第17回(昭和58年)[編集]

文化賞
功労賞

第18回(昭和59年)[編集]

文化賞
  • 横超慧日:A項 - 中国仏教研究に新境地を開拓。
  • 藤本幸邦:C項 - 「一寺院一孤児の収容」を提唱実践。
功労賞
  • 西谷啓治 - 宗教哲学の権威。仏教哲学の探求。
  • 平喜久男 - 米国加州で伝道と社会奉仕に活躍。

第19回(昭和60年)[編集]

文化賞
  • 石田瑞麿:A項 - 日本仏教における戒律思想等の研究。
  • 入江泰吉:B項 - 大和路の古寺風物を活写紹介。
功労賞
  • 山田恵諦 - 天台座主として大衆教化に尽力。
  • 趙明基 - 韓国仏教研究と日韓仏教学術交流に。

第20回(昭和61年)[編集]

文化賞
  • 花岡大学:B項 - 仏典童話の開拓。仏教精神の弘布。
  • 釈隆蓮:C項 - 顕密兼通で中国仏教の興隆に尽くす。
功労賞

第21回から第30回[編集]

第21回(昭和62年)[編集]

文化賞
功労賞

第22回(昭和63年)[編集]

文化賞
功労賞

第23回(平成元年)[編集]

文化賞
功労賞

第24回(平成2年)[編集]

文化賞
功労賞

第25回(平成3年)[編集]

文化賞
  • 武内義範:A項 - 親鸞思想の研究と、西洋への仏教思想の紹介。
  • 坂村真民:B項 - 仏教精神の生活に即した詩作で心の支えを。
功労賞

第26回(平成4年)[編集]

文化賞
  • 錦戸新観:B項 - 信仰の対象としての仏像多数彫刻
功労賞

第27回(平成5年)[編集]

文化賞
  • 柳田聖山:A項 - 中国初期禅宗史研究。禅語録翻訳紹介。
  • 高史明:C項 - 親鸞聖人の教えで青少年に心の糧を。

第28回(平成6年)[編集]

文化賞
  • 牧田諦亮:A項 - 中国近世仏教史、疑経研究に対し
  • 榎本栄一:B項 - 平明で仏教の真髄を伝える詩作。

第29回(平成7年)[編集]

文化賞
功労賞

第30回(平成8年)[編集]

文化賞
  • 宮坂宥勝:A項 - 講演、著述により仏教理解に尽力。
功労賞

第31回から第40回[編集]

第31回(平成9年)[編集]

文化賞

第32回(平成10年)[編集]

文化賞

第33回(平成11年)[編集]

文化賞

第34回(平成12年)[編集]

文化賞
功労賞
  • 阿部正雄 - 欧米神学との対話で、仏教思想を伝える。

第35回(平成13年)[編集]

文化賞
  • 竹下哲:C項 - 仏教を平易な言葉で多くの人に伝える

第36回(平成14年)[編集]

文化賞
功労賞
  • 佐藤秀雄 - 大乗仏教の文化の伝承と普及に努める。 

第37回(平成15年)[編集]

文化賞
功労賞
  • 吉田久一 - 仏教が社会福祉に果たした役割と歴史を講じた功績。

第38回(平成16年)[編集]

文化賞
  • 五木寛之:B項 - 仏教を著書・メディア・講演で多くの人に伝える。
  • 嶋野榮道:C項 - アメリカで禅を弘めた功績。

第39回(平成17年)[編集]

文化賞
功労賞

第40回(平成18年)[編集]

文化賞
功労賞
  • 青山俊董 - 尼僧を指導。著作・講演で多くの女性に仏法への結縁。

第41回から[編集]

第41回(平成19年)[編集]

文化賞

第42回(平成20年)[編集]

文化賞

第43回(平成21年)[編集]

文化賞
  • 奈良康明:A項 - 仏教を社会的側面から見る仏教文化史ほかの著作活動。
功労賞

第44回(平成22年)[編集]

文化賞
功労賞

第45回(平成23年)[編集]

文化賞

第46回(平成24年)[編集]

文化賞
沼田奨励賞

第47回(平成25年)[編集]

文化賞
  • 一般財団法人多山報恩会 広島赤十字原爆病院で仏教講演会を続ける。
沼田奨励賞

第48回(平成26年)[編集]

文化賞
  • 渡邊寶陽 法華経研究、日蓮教学の分野で多大なる業績をあげ、立正大学学長として後進の育成に尽力する。
沼田奨励賞

外部リンク[編集]