上田閑照

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上田閑照

上田 閑照(うえだ しずてる、1926年1月17日 - )は、日本の哲学者[1]京都大学名誉教授。専攻はドイツ哲学宗教哲学研究、マイスター・エックハルトの研究、東西神秘主義研究[1]マルティン・ハイデッガーの研究、西田幾多郎西谷啓治等の京都学派思想の研究などで知られる。

来歴・人物[編集]

東京生まれ[1]。1949年、京都大学文学部哲学科卒業(宗教学専攻)。Ph.D.マールブルク大学、1963年)(学位論文「マイスター・エックハルト研究」)。文学博士(京都大学、1976年)(学位論文「東西神秘主義研究」)。主要著作の多くは岩波書店より『上田閑照集』(全11巻)に収められている。エラノス会議の参加者でもある。2003年日本学士院会員。大津市在住。 

略歴[編集]

学歴[編集]

  • 1949年 京都大学文学部哲学科卒業(宗教学専攻)
  • 1959年10月 マールブルク大学留学[1](1962年7月まで)

職歴[編集]

  • 1954年 高野山大学専任講師
  • 1963年 高野山大学助教授
  • 1963年6月 京都大学教養部助教授
  • 1967年4月 京都大学教育学部教育学科助教授(教育人間学講座)
  • 1973年7月 京都大学教育学部教育学科教授
  • 1977年4月 京都大学文学部哲学科教授(宗教学講座)
  • 1989年3月 京都大学退官
  • 1989年4月 京都大学名誉教授
  • 1991年 花園大学客員教授[1](1999年まで)

家族[編集]

著書[編集]

  • 『禅仏教』 筑摩書房、1973年
  • 『十牛図』 柳田聖山との共著、筑摩書房、1982年。のち、ちくま学芸文庫、1992年。
    • 『禅仏教 根源的人間』 岩波書店.同時代ライブラリー、1993年
  • 『マイスター・エックハルト』 人類の知的遺産21.講談社、1983年
    • 『エックハルト 異端と正統の間で』 講談社学術文庫、1998年
  • 『生きるということ』 人文書院、1991年
  • 『西田幾多郎を読む』 岩波セミナーブックス38.岩波書店、1991年
  • 『場所 二重世界内存在』 弘文堂、1992年
    • 『実存と共存 二重世界内存在』 ちくま学芸文庫、1999年
  • 『経験と自覚 西田哲学の「場所」を求めて』 岩波書店、1994年
  • 『西田幾多郎 人間の生涯ということ』 岩波同時代ライブラリー、1995年
    • 改訂版『西田幾多郎とは誰か』 岩波現代文庫、2002年
  • 『宗教への思索』 創文社、1997年
  • 『ことばの実存』 筑摩書房、1997年
  • 『人間の生涯ということ』 人文書院、1998年
  • 『西田哲学への導き 経験と自覚』 岩波同時代ライブラリー、1998年
  • 『私とは何か』 岩波新書、2000年
  • 『十牛図を歩む』 大法輪閣、2002年
  • 『折々の思想』 燈影撰書31.燈影舎、2010年

著作集[編集]

  • 『上田閑照集 (全11巻)』 岩波書店、2001-03年
  1. 西田幾多郎
  2. 経験と自覚
  3. 場所
  4. 禅 根源的人間
  5. 禅の風景
  6. 道程「十牛図」を歩む
  7. マイスター・エックハルト
  8. 非神秘主義 エックハルトと禅
  9. 虚空/世界
  10. 自己の現象学
  11. 宗教とは何か
  • 『上田閑照.哲学コレクション (全5巻)』 岩波現代文庫、2007-08年
    • 『宗教』、『経験と場所』、『言葉』、『非神秘主義 禅とエックハルト』、『道程 思索の風景』

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 上田閑照・柳田聖山 『十牛図』 筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、1992年12月、著者紹介(カバー)。ISBN 4-480-08024-4

関連項目[編集]

外部リンク[編集]