上田真而子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上田 真而子(うえだ まにこ、1930年5月25日 -2017年12月17日[1])は、日本ドイツ文学者

来歴・人物[編集]

和歌山県高野町生まれ[2][3]広島県生まれ[4][5][6]。夫は哲学者上田閑照[7]

京都府立女子専門学校卒業後、西ドイツへ留学、マールブルク大学中退[2]。京都ドイツ文化センターに勤務後、ドイツ児童文学の翻訳活動に専念する[2]1982年に『はてしない物語』(ミヒャエル・エンデ作)で日本翻訳文化賞1988年に『あの年の春は早くきた』で国際アンデルセン賞国内賞をそれぞれ受賞した[2]。『ジム・ボタンの機関車大旅行』、『あのころはフリードリヒがいた』、『熊とにんげん』(ライナー・チムニク作・絵)など翻訳作品が多数ある。

著書[編集]

  • 『幼い日への旅』福音館書店(福音館日曜日文庫)1994年)
  • 『おばけさんとのやくそく』福音館書店(福音館創作童話シリーズ) 2004年)

翻訳[編集]

  • バルトス=ヘップナー『コサック軍シベリアをゆく』岩波書店 1973年
  • バルバラ・バルトス=ヘップナー『急げ草原の王のもとへ』岩波書店 1975年
  • ハンス・ペーター・リヒタードイツ語版あのころはフリードリヒがいたドイツ語版岩波少年文庫 1977)
  • イルメラ=ブレンダー『わたしジャネット1年生よ』偕成社 1977年
  • ペーター=ヘルトリング『ヒルベルという子がいた』偕成社 1978年 のち文庫
  • ペーター=ヘルトリング『おばあちゃん』偕成社 1979年
  • バルトス=ヘップナー『なだれだ!行けそうさく犬』富山房 1980年
  • ケーテ=レヒァイス『きつねのニケル 子ぎつねとこどもたちの愛の物語』偕成社 1980年
  • ティルデ・ミヒェルス『レムラインさんの超能力』岩波少年文庫 1980年
  • ミヒャエル・エンデはてしない物語佐藤真理子共訳 岩波書店 1982年6月 のち全集、少年文庫)
  • ライナー・チムニク『熊とにんげん』偕成社 1982年 のち福武文庫
  • イリーナ・コルシュノウ『だれが君を殺したのか』岩波書店 1983年
  • ペーター=ヘルトリング『ベンはアンナが好き』偕成社 1983年
  • クリスティーネ・ネストリンガー『あの年の春は早くきた』岩波書店 1984年
  • ペーター=ヘルトリング『ヨーンじいちゃん』偕成社 1985年
  • ベンノー・プルードラ『白い貝のいいつたえ』評論社 1985年
  • ヴィルヘルム・ブッシュ『いたずらカラスのハンス』岩波書店(ブッシュの絵本) 1986年
  • ヴィルヘルム・ブッシュ『いたずら子犬ポシャンとポトム』岩波書店(ブッシュの絵本) 1986年
  • ヴィルヘルム・ブッシュ『マクスとモーリツのいたずら』岩波書店(ブッシュの絵本) 1986年
  • ミヒャエル・エンデ『ジム・ボタンの機関車大旅行 ジム・ボタンの冒険1』岩波書店 1986年 のち文庫
  • ミヒャエル・エンデ『ジム・ボタンと13人の海賊 ジム・ボタンの冒険2』岩波書店 1986年 のち文庫 
  • クリスティーネ・ネストリンガー『ブラネックさんにご注意!』岩波書店 1987年
  • ペーター=ヘルトリング『ぼくは松葉杖のおじさんと会った』偕成社 1988年
  • パウル=マール『夢のつづきのそのまたつづき リッペルのぼうけん』偕成社 1988年
  • フレッド・ロドリアン『しかのハインリッヒ』福音館書店(世界傑作絵本シリーズ) 1988年
  • ベヒシュタイン『白いオオカミ』岩波少年文庫 1990年
  • ペーター=ヘルトリング『ひとりだけのコンサート』偕成社 1991年
  • レオ・メーター『バーバラへの手紙』岩波書店 1991年
  • ヴィルヘルム・ブッシュ『黒いお姫さま ドイツの昔話』福音館書店 1991年
  • ペーター=ヘルトリング『おくればせの愛』岩波書店 1992年
  • ハンス・ペーター・リヒター『若い兵士のとき』岩波少年文庫 1995年
  • ハンス・ペーター・リヒター『ぼくたちもそこにいた』岩波少年文庫 1995年
  • 『まほうつかいのでし ゲーテのバラードによる』福音館書店 1995年
  • レギーネ・シントラー『ろばのナポレオン』福音館書店(世界傑作絵本シリーズ) 1995年
  • パウル=マール『大きな大きなおだんごおなべ』偕成社 1997年
  • ペーター=ヘルトリング『屋根にのるレーナ』偕成社 1997
  • ベンノー・プルードラ『ぼくたちの船タンバリ』岩波少年文庫 1998年
  • イリーナ・コルシュノフ『彼の名はヤン』徳間書店 1999年
  • ルイーゼ・リンザー『波紋』岩波少年文庫 2000年
  • ホフマン『クルミわりとネズミの王さま』岩波少年文庫 2000年
  • ユッタ・バウアー『いつもだれかが…』徳間書店 2002年
  • ヨハンナ・シュピリハイジ』岩波少年文庫 2003年
  • ペーター=ヘルトリング『風に向かっての旅』偕成社 2003年
  • リース・グレーニング『隻手の音なき声 ドイツ人女性の参禅記』筑摩書房 2005年
  • ライナー・チムニク『レクトロ物語』福音館文庫 2006年
  • ゲーテ『きつねのライネケ』岩波少年文庫 2007年
  • ベンノー・プルードラ『マイカのこうのとり』岩波書店 2008年
  • ベンノー・プルードラ『氷の上のボーツマン』岩波書店 2009年
  • フェリクス・ザルテンバンビ 森の、ある一生の物語』岩波少年文庫 2010年

脚注[編集]

[ヘルプ]