阿毘達磨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

阿毘達磨(あびだつま、: Abhidhamma, アビダンマ: Abhidharma अभिधर्म, アビダルマ、音写:阿毘曇(あびどん)、毘曇(びどん))とは、仏教の教説(具体的には蔵、蔵など)の研究・思想体系、およびそれらの解説書[1]・注釈書のこと。漢語では対法と呼ぶ。解説書・注釈書は書、これらをまとめたものを「論蔵」と呼ぶ。

概要[編集]

仏陀逝去の後まもなく、弟子の僧たちが集まって、記憶していた仏陀生前の教説をまとめ伝承したものをアーガマ(阿含経:: agama)という[2]。アーガマに対する研究は僧団の内部で熱心に行われた。これらには、中阿含根本分別品など蔵と蔵の二蔵に分かれる以前のもの[3]を含むが、原始仏教時代に経蔵と律蔵が成立した[3]

これらの研究は、仏陀の説く真理を仏陀自身、ダルマ(:: dharma )と呼んだ[4]ことから、「ダルマに対する研究」の意味でアビダルマ(漢語で「対法」)と呼ばれる[5]。 通常は、仏教僧団が当初の統一を失い、多くの部派に分裂して後の教義の組織化をさす[5]。時期としては仏陀没後300~900年[6]のもの[5]

文書としては、これらの経蔵と律蔵がその伝承を重ねる間に、やがてそれらの註釈を兼ねつつ、自らの説をも盛り込んだ文献である「」(アビダルマ)がつくられ、それも次第に数を増して「論蔵」となり、経蔵・律蔵・論蔵の三蔵が成立する[7]

部派仏教時代には、とりわけ分析的煩雑な論書の作成が多く行われ、現代にも、当時の最有力部派で文献がもっとも多く漢訳された説一切有部や、南伝の上座部仏教に属するものが多く伝わっている。

説一切有部[編集]

七論(六足発智)[編集]

説一切有部で作られた論書(阿毘達磨)としては、

の7書、通称「六足発智」が知られている。

婆沙論・倶舎論[編集]

更に、上記の『発智論』に対する注釈書として、

が書かれ、更に、その概説書として、(後に中国で法相宗の祖として仰がれる)唯識派世親によって書かれた論書が、

  • 『(阿毘達磨)倶舎論』(本偈は Abhidharmakośa、作者による自注は Abhidharmakośabhāṣya)

である。

この『倶舎論』は、中国仏教・日本仏教圏にも伝わり、南都六宗の1つでもある倶舎宗を生んだ。

上座部仏教(分別説部)[編集]

論蔵七論[編集]

南伝の上座部仏教分別説部)のパーリ仏典論蔵(Abhidhamma piṭaka)には、

の7書が伝えられている。

アッタカター・清浄道論[編集]

更に、アッタカターと呼ばれる後代の注釈も、ここに付け加えられたりする。

更には、5世紀の著名な注釈者であるブッダゴーサの著作である

も、広い意味での論書に数えられる場合もある。

綱要書・アビダンマッタサンガハ[編集]

浩瀚なアビダンマ七書の教学を簡略に学習するための綱要書として、10世紀中頃に、スリランカの学僧アヌルッダ(Anuruddha)によって

が著された。現在でも南方アビダンマを学ぶ初学者のための教科書として用いられる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 櫻部 2002, p. 18.
  2. ^ 櫻部・上山 2006, p. 18.
  3. ^ a b 岩波仏教辞典第2版 1989, p. 168.
  4. ^ 今枝 2015, p. 13.
  5. ^ a b c 櫻部・上山 2006, p. 19.
  6. ^ ブッダの没年を紀元前400年頃と考える(釈迦の項目の「歴史学的な成果」ー「生没年」を参照。)と、紀元前100~紀元500年頃。
  7. ^ 中村・三枝 2009, p. 60.

関連書籍[編集]

  • アルボムッレ スマナサーラ , 藤本 晃 『ブッダの実践心理学 (アビダンマ講義シリーズ) 』一巻〜七巻 サンガ刊
  • 水野弘元(監修)、ウ・ウェープッラ、戸田忠(訳注)『アビダンマッタサンガハ -南方仏教哲学教義概説-』中山書房仏書林

参考文献[編集]

関連項目[編集]