坂村真民

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

坂村真民(さかむら しんみん、1909年1月6日 - 2006年12月11日)は、日本仏教詩人。本名(たかし)。一遍の生き方に共感し、癒しの詩人と言われる。

人物[編集]

熊本県荒尾市出身。熊本県立玉名中学校を経て、神宮皇學館卒業。

愛媛県砥部町に「たんぽぽ堂」と称する居を構え、毎朝1時に起床し、近くの重信川で未明の中祈りをささげるのが日課であった。は解りやすい物が多く、小学生から財界人にまで愛された。特に「念ずれば花ひらく」は多くの人に共感を呼び、その詩碑は全国、さらに外国にまで建てられている。森信三が早くからその才覚を見抜き後世まで残る逸材と評した。

略歴[編集]

  • 1931年 神宮皇學館を卒業
  • 1934年 朝鮮に渡る。朝鮮時代は短歌に傾倒する。
  • 1946年 愛媛県に引き上げ、国語教師として教鞭をとりつつ詩作に従事。
  • 1953年 尼僧・杉村春苔に出会い大きな影響を受ける。
  • 1960年 個人雑誌「ペルソナ」創刊。
  • 1962年 自らの詩をつづった月刊詩誌「詩国」を創刊。1,200部を無料で配布した。
  • 1967年 新田高等学校に国語教師として赴任。砥部町に居を構える。
  • 1970年 「念ずれば花ひらく」第1号碑が、京都市鷹峯常照寺に建つ。
  • 1974年 新田高等学校退職。詩作に専念。
  • 1980年 文部省中学校教育課『道徳指導要領三』に、詩「二度とない人生だから」が採録され、多くの教科書に掲載されるようになる。
  • 2006年 12月11日、97歳で永眠。

受賞歴[編集]

作品[編集]

詩集[編集]

  • 『自選坂村真民詩集』
  • 『坂村真民全詩集』(全6巻)
  • 『朴』
  • 『詩国第一集』
  • 『詩国第二集』
  • 『念ずれば花ひらく』
  • 『二度とない人生だから』

随筆集[編集]

  • 『念ずれば花ひらく』
  • 『生きてゆく力がなくなる時』
  • 『愛の道しるべ』

詩画集[編集]

  • 『自分の花を咲かせよう』
  • 『花一輪の宇宙』
  • 『あうんの花』

韓国語対訳詩集[編集]

  • 『二度とない人生だから』

英文対訳詩集[編集]

  • 『鳥は飛ばねばならぬ』

独文対訳詩集[編集]

  • 『タンポポ』

外部リンク[編集]