藤掛廣幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤掛廣幸/Hiro Fujikake
出生名 藤掛廣幸
出身地 日本の旗 日本岐阜県
学歴 愛知県立芸術大学作曲科大学院
職業 作曲家
編曲家
指揮者
シンセサイザー奏者
プロデューサー
担当楽器 指揮
シンセサイザー
ピアノ
活動期間 1974年 -
公式サイト 公式サイト

藤掛 廣幸(ふじかけ ひろゆき、1949年 - )は、日本の作曲家シンセサイザー奏者指揮者プロデューサーHiro Fujikake はペンネーム。

人物・来歴[編集]

岐阜県出身。愛知県立芸術大学卒業、同大学院修士課程修了。石井歓中田直宏保科洋に師事した[1]1977年に、世界三大コンクールのひとつであるエリザベート王妃国際音楽コンクール作曲部門で、日本人として初めてグランプリを受賞。日本国内でも数々の作曲コンクールで受賞歴がある。日本人の名前を英語で表記する時には名字→名前の順でなく、Hiroyuki Fujikake と逆に書かなければならない。「これでは響きが音楽的ではない」との理由で、海外に向けてのペンネームとして【Hiro Fujikake】 の名前でアルバムや作品を発表している。アメリカ発売のアルバムに【Hiro Fujikake】と書いてあったからと日本のレコード会社が本人の確認を取らないで【藤掛廣】として日本版を発売した時には「どうしても日本語で書きたいのなら(ヒロ藤掛)として下さい」と強く抗議して直させた経緯がある。

フルートの世界的プレイヤーであるジェームズ・ゴールウェイとは3枚の共演アルバムを出しており、その1枚目である『妖精の森』(英語タイトル:The Enchanted Forest )は、全米ビルボード誌「クラシカル・クロスオーヴァー部門」で5ヶ月連続ベスト10入り(売り上げ100万枚以上)。又、イ・ムジチ合奏団オーボエの世界的名手ハインツ・ホリガーによるアルバム『日本の四季』では、全12曲のアレンジを担当した。絶版になっていた『日本の四季』は好評の為2017年ユニバーサル・ミュージックより再発売された。

管弦楽吹奏楽オペラミュージカルバレエマンドリンピアノ曲合唱曲校歌、社歌、市民の歌 等の他に「NHK特集」「ふるさと紀行」「中学生日記」「さわやか三組」「あしたへジャンプ」「虹色定期便」をはじめ、多くのテレビやラジオのための放送音楽、映画音楽、CM等、多岐にわたる作品がある。 世界デザイン博覧会の会場内・音響総合プロデューサー、ぎふ中部未来博に於いては岐阜メモリアルセンターに今も設置されている『淡墨の桜と大陶壁』の為の音楽プロデューサーとして作曲、演奏も担当した。

マンドリン界とも関わりが深く、多数のマンドリン合奏用作品がある。

シンセサイザーコンピューターを組み合わせた「Solo Orchestra/ソロ・オーケストラ」で、自作の「オペラ」、「ミュージカル」、「バレエ音楽」などの演奏を行い、「ソロ・オーケストラ」コンサートも各地で行っている。

シンセサイザーによる最初のソロアルバム【Galactic Symphony・銀河交響曲】はベルギーの「パバーヌ・レコード」よりリリースされた。

作品[編集]

管弦楽[編集]

吹奏楽[編集]

マンドリンオーケストラ[編集]

  • パストラル・ファンタジー(1975年)
  • じょんがら(1977年)
  • 詩的二章(1978年)
  • グランド・シャコンヌ(1981年)
  • トレピック・プレリュード(1990年)
  • 星空のコンチェルト(1996年)
  • 樹魂の歌(2001年)
  • シンフォニア・パルナソス(2010年)
  • スタバート・マーテル(stub)
  • 交響詩「甲斐水明」(2015年)
  • Life Symphony(2015年)
  • 手児奈ファンタジー(2016年)

ギターオーケストラ[編集]

  • 海のファンタジー(1996年)

オペラ[編集]

  • 西湖伝説・金色の鳳(太陽をさがして)(1997年)
  • かかみ野の空(大地の呼び声)(1997年)
  • 紙すきの歌(1999年)
  • 一粒の豆(2003年)
  • 月夜の夢(2014年)

バレエ音楽[編集]

  • ブンナよ木からおりてこい(1983年)
  • ああ野麦峠(1988年)

ミュージカル[編集]

  • ブンナよ木からおりてこい(1993年)
  • 小さな虫の物語(1995年)

現代邦楽[編集]

  • 山河緑照(1999年)

シンセサイザー音楽[編集]

  • 銀河交響曲(1979年)- ベルギーのパヴァーヌ・レコードからリリース
  • 樹魂の歌(1988年) - 根尾の淡墨桜を歌った曲 ぎふ中部未来博で初演
  • 宗春爛漫(1998年) - 名古屋大須観音境内に設置されているからくり人形のための音楽
  • 悠久の翔(2000年) - 東京銀座四丁目に設置されているからくり人形のための音楽

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]