土岐善麿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
土岐 善麿
1953年頃の土岐善麿
人物情報
生誕 (1885-06-08) 1885年6月8日
東京府東京市浅草区浅草松清町
(現在の東京都台東区西浅草
死没 (1980-04-15) 1980年4月15日(満94歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 早稲田大学英文学科
学問
研究分野 日本語、現代国語学
研究機関 早稲田大学
テンプレートを表示

土岐 善麿(とき ぜんまろ、1885年明治18年)6月8日 - 1980年昭和55年)4月15日)は、日本歌人国語学者

略歴・人物[編集]

戦前[編集]

東京府東京市浅草区浅草松清町(現在の東京都台東区西浅草一丁目)の真宗大谷派寺院に生まれる。東京府立第一中学校(現在の東京都立日比谷高等学校)を経て、早稲田大学英文科に進み、島村抱月に師事。窪田空穂の第一歌集『まひる野』に感銘を受け、同級の若山牧水と共に作歌に励んだ。

卒業の後、読売新聞記者となった1910年(明治43年)に第一歌集『NAKIWARAI』を「哀果」の号で出版、この歌集はローマ字綴りの一首三行書きという異色のものであり、当時東京朝日新聞にいた石川啄木が批評を書いている。同年啄木も第一歌集『一握の砂』を出し、文芸評論家楠山正雄が啄木と善麿を歌壇の新しいホープとして読売紙上で取り上げた。これをきっかけとして善麿は啄木と知り合うようになり、雑誌『樹木と果実』の創刊を計画するなど親交を深めたものの、1912年(明治45年)に啄木が死去。啄木の死後も善麿は遺族を助け、『啄木遺稿』『啄木全集』の編纂・刊行に尽力するなど、啄木を世に出すことに努めた。その後も読売に勤務しながらも歌作を続け、社会部長にあった1917年大正6年)に東京奠都50年の記念博覧会協賛事業として東京~京都間のリレー競走「東海道駅伝」を企画し大成功を収めた。これが今日の「駅伝」の起こりとなっている。

1918年(大正7年)に朝日新聞に転じるが自由主義者として非難され、1940年(昭和15年)に退社し戦時下を隠遁生活で過ごしながら、田安宗武の研究に取り組む。

戦後[編集]

戦後再び歌作に励み、1946年(昭和21年)には新憲法施行記念国民歌『われらの日本』を作詞する(作曲・信時潔)。翌年には『田安宗武』によって学士院賞を受賞した。同年に窪田の後任として早稲田大学教授となり、上代文学を講じた他、杜甫の研究や長唄の新作を世に出すなど多彩な業績をあげた。新作能を多数物した作者としても名高い。紫綬褒章受章。

第一歌集でローマ字で書いた歌集を発表したことから、ローマ字運動やエスペラントの普及にも深く関わった。また国語審議会会長を歴任し、現代国語・国字の基礎の確立に尽くした。戦後の新字新仮名導入にも大きな役割を果たしている。

著書[編集]

  • NAKIWARAI(ローマ字ひろめ会、1910年)
  • MUKASIBANASI(ローマ字ひろめ会、1911年)
  • 黄昏に(東雲堂、1912年)
  • HYAKUNIN ISSYU(日本のローマ字社、1924年)
  • 鶯の卵(アルス、1925年)
  • 朝の散歩(アルス、1925年)
  • 空を仰ぐ(改造社、1925年)
  • 春帰る(人文会出版部、1927年)
  • 初夏作品(紅玉堂書店、1928年)
  • 文藝の話(朝日新聞社 朝日常識講座第8巻、1929年)
  • 外遊心境(改造社、1929年)
  • 柚子の種(大阪屋号書店、1929年)
  • 日本式になるまで(東京ローマ字会、1931年)
  • やきりんご(白帝書房、1931年)
  • 啄木追懐(改造社、1932年)
  • 文芸遊狂(立命館出版部、1932年)
  • 新曲隅田乃橋(法立書店、1932年)
  • 蜂塚縁起(四条書房、1933年)
  • 晴天手記(四条書房、1934年)
  • 松の葉帖(四条書房、1934年)
  • 影を踏む(四条書房、1935年)
  • 明治大正芸術史(新潮社、1936年)
  • 紫煙身辺記(書物展望社、1937年)
  • 天地自然(日本評論社、1938年)
  • 満目抄(人文書院、1938年)
  • 能楽拾遺(謡曲界発行所、1939年)
  • 斜面の悒欝(八雲書林、1940年)
  • 六月(八雲書林、1940年)
  • 田安宗武の「天降言」(日本放送出版協会、1940年)
  • 顕如(喜多流謡本刊行会、1942年)
  • 高青邱(日本評論社、1942年)
  • 周辺(日本評論社、1942年)
  • 能楽三断抄(春秋社松柏館、1942年)

作詞[編集]

校歌[編集]

平井康三郎信時潔が作曲を手がけたものが多い。

小学校[編集]

中学校[編集]

中野区立北中野中学校

高等学校・高等専門学校[編集]

大学[編集]

その他[編集]

その他[編集]