前田夕暮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

前田 夕暮(まえだ ゆうぐれ、1883年明治16年)7月27日 - 1951年昭和26年)4月20日)は、日本歌人明治から昭和期にかけて活動した。本名:前田 洋造洋三とも)。

ファイル:前田夕暮肖像s.5.jpg
前田夕暮(昭和5年 48歳)

長男の前田透も歌人であり、歌誌「詩歌」[1][2][3]を引き継いだ。(『評伝 前田夕暮』前田透)

人物[編集]

神奈川県大住郡南矢名村(現・秦野市)の豪農の家に生まれる。父は県議、村長を務めた厳格な人物であった。

若山牧水とともに自然主義文学を代表する歌人であり、「夕暮・牧水時代」といわれる時代を築いた[4]。その後、ゴッホゴーギャンなど印象派画家の影響を受けた外光派風の作風を経て、昭和初期には口語自由律短歌を牽引し、後の口語短歌の基礎を固めた。

主宰歌誌「詩歌」(白日社)は短歌に限らず幅広いジャンルの作品を載せ、三木露風山村暮鳥斎藤茂吉室生犀星萩原朔太郎高村光太郎などが活躍した[5]。朔太郎の『月に吠える』出版にあたっては夕暮が実質的な編集・発行を行うとともに、印刷は「詩歌」の印刷所、装丁は「詩歌」の表紙絵を制作していた恩地孝四郎が行うなど、全面的に協力した。

門下には宮崎信義矢代東村(都会詩人)、香川進米田雄郎中野嘉一三宅千代松村又一などがいる。

関東木材合名会社を経営する実業家としては、奥秩父小森川水源地帯の山林開発に関わった。埼玉県秩父市には夕暮の名に因んだ「入川渓谷夕暮キャンプ場」がある。

年譜[編集]

代表歌[編集]

  • 木に花咲き君わが妻とならむ日の四月なかなか遠くもあるかな(『収穫』)
  • 向日葵は金の油を身にあびてゆらりと高し日のちひささよ(『生くる日に』)
印象派絵画の影響を受けて詠まれた、小中学校の教科書に採用されることも多い作品。
  • 自然がずんずん体のなかを通過するーー山、山、山(『水源地帯』)
初めて飛行機に乗った時の感慨を詠んだ歌。口語自由律期を代表する作品。

著書[編集]

脚注、出典[編集]

外部リンク[編集]