古泉千樫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

古泉 千樫(こいずみ ちかし、1886年9月26日 - 1927年8月11日)は、日本歌人。本名は幾太郎。

貧困と病弱に苦しみながら創作を続けたことで知られる。

人物[編集]

1886年9月26日、千葉県長狭郡細野村[注釈 1](現・鴨川市)に生まれた[1]。父弥一30歳、母きく19歳の長男。家業は中位の自作農。

1900年、吉尾村高等小学校を卒業し、直ちに母校の代用教員に採用された。旧制千葉師範学校進学を希望したが果たされなかった。1901年4月、千葉町(現千葉市)の千葉県教育会教員講習所に入所して10月に卒業した。小学校准訓導の資格を得た。1902年2月、安房郡田原村の竹平校に奉職して、生家から朝夕往復60町ばかりの道を通った。月給は7円、校長は理解のある漢人幸政であった。その後安川文時に師事し、1905年に彼から「千樫」の号を授かる。萬朝報心の花日本などに作歌を投じた。正岡子規の風を慕い、のち上京して伊藤左千夫に敬慕師事する。斎藤茂吉島木赤彦中村憲吉と共に歌誌「アララギ」を支える。

1913年6月、本所区緑町滝澤方から同区南二葉町3-20の石井方に移り、しばらくして本所区南二葉町23に転居する。これを機にアララギ発行所が左千夫方より千樫方に移り「アララギ」の編集を担当する。しかし千樫の編集発行はルーズで停滞しがちであり、廃刊目前にまで追いやってしまう。同年7月30日、師左千夫が脳溢血により50歳にて急逝。以後は長野から上京してきた赤彦に編集の実権を譲り、歌壇を制覇してゆくアララギ派の中心的歌人として多くの秀歌を残した。

1921年、若くから知っていたアララギの女流歌人・原阿佐緒が同じくアララギ派の歌人石原純と不貞問題を起こす。このとき千樫が阿佐緒を擁護する態度をとったことからアララギと疎遠になり始め、やがて脱会。北原白秋土岐善麿石原純折口信夫木下利玄らとともに歌誌「日光」の主要同人となった。1926年6月、「青垣会」を結成。会員は千樫を中心に相坂一郎安田稔郎大熊長次郎信夫美和安川三郎鈴木杏村石塚栄之助石渡茂樹三ヶ島葭子水町京子北見志保子橋本徳寿ら。

1927年初めに「青垣」創刊の話が起こるが、8月11日夕刻に容態が急変、駆け付けた斎藤茂吉に後事を託す。午後10時30分、肺結核と心臓衰弱のため麻布区青山南(現・港区南青山)の自宅で臨終[2]。享年42、満40年10ヶ月余の生涯を終える。戒名は顕密院千樫道慧居士[2]。没後、同年11月門人らによって「青垣」が創刊され、長沢美津岡部文夫らが参加した。

墓は伝通院にあり、近くには佐藤春夫夫妻の墓がある。

歌集[編集]


脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 細野村は1889年の町村制施行に際して吉尾村の一部となり、長狭郡は1897年に安房郡に編入される。このため文献によっては安房郡吉尾村生まれとされることもある。

出典[編集]

  1. ^ アララギ派の歌人 古泉千樫”. 鴨川市. 2018年3月29日閲覧。
  2. ^ a b 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)134頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]