尾山篤二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

尾山 篤二郎(おやま とくじろう、1889年12月15日 - 1963年6月23日)は、日本国文学者、歌人

経歴[編集]

石川県金沢市出身。金沢市立商業学校(現:石川県立金沢商業高等学校)に入学するが、1903年結核に感染し、右足の切断を余儀なくされる。金沢商業学校は中退した。窪田空穂を慕い、のちには窪田の主宰する『国民文学』の同人にもなっている。

1909年上京、前田夕暮若山牧水らを知る。前田とは1911年に前田が創刊した『詩歌』に参加し、若山とは1917年に主宰雑誌『創作』を復刊した際に加わっている。

1913年歌集『さすらひ』を出版。1917年松村英一と『短歌雑誌』の編集に参加。

1938年、自ら主宰する短歌会の同人雑誌『藝林』を創刊した。古典研究も行い、1951年、歌集『とふのすがごも』と『大伴家持の研究』の業績により日本芸術院賞受賞[1]唐人お吉を描いた小説「影絵双紙」もある。

1963年6月23日、胆管癌のため神奈川県横浜市金沢区横浜市立大学医学部附属十全病院で死去。戒名は清明院西念篤行居士[2]

著書[編集]

  • 永き巡礼の旅より 尾山篤二郎(秋人) 緑窓社 1910.9
  • さすらひ 歌集 岡村盛花堂 1913
  • 明る妙 四方堂 1915
  • 柿本人麿 日本名歌撰 評註 第1篇 抒情詩社 1916
  • 三枝草集 歌集 抒情詩社 1917
  • 万葉集物語 東雲堂書店 1917
  • 作歌道講話 国華堂書店 1917
  • 野を歩みて 東雲堂書店 1918
  • まんじゅさげ 歌集 東雲堂 1921
  • 処女歌集 紅玉堂書店 1924
  • 短歌五十講 紅玉堂書店 1925
  • 草籠 歌集 紅玉堂書店 1925
  • 歌はかうして作る 紅玉堂書店 1925
  • 白圭集 歌集 紅玉堂書店 1928 (新歌集叢書)
  • 鑑賞長塚節歌集 素人社書屋 1929
  • 影絵双紙 平凡社 1929
  • 明治歌壇概史 紅玉堂書店 1929 (紅玉堂文庫)
  • 短歌論攷 立命館出版部 1931
  • 作歌法入門 白帝書房 1932
  • 西行法師評伝 改造社 1934
  • 作歌道雑話 人文書院 1935
  • 平明書屋歌話 茜書房 1936
  • 歴代歌人研究 第7巻 藤原家隆 厚生閣 1938
  • 雲を描く 歌集 書物展望社 1939
  • 清明 歌集 天理時報社 1942
  • 大伴家持の研究 上巻 大八洲出版 1948
  • 焦土文稿 靖文社 1948
  • 大伴家持の研究 平凡社 1956
  • 万葉と新古今 笠間書院 1978.12 (笠間叢書)
  • 尾山篤二郎全歌集 短歌新聞社 1982.10
  • 無柯亭歌論集 短歌新聞社 1986.2
  • 雪客 歌集 1999.2 (短歌新聞社文庫)

共編著[編集]

  • 大正一万歌集(編)岡村書店 1914
  • 平賀元義歌集 標註 春陽堂 1923
  • 源実朝歌集 新釈 紅玉堂書店 1924
  • 短歌新辞典(編)恒星堂 1925
  • 昭和一万歌集 矢島歓一共編 素人社書屋 1928
  • 和歌評釈選集 第4巻 西行法師名歌評釈 非凡閣 1935
  • 作者別万葉集評釈 第4巻 大伴旅人山上憶良篇 非凡閣 1935
  • 作歌辞典 窪田空穂共編 短歌作法講座 第3巻 改造社 1936

作詞校歌[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1951年4月1日(東京本社発行)朝刊、2頁。
  2. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)84頁

参考文献[編集]

  • 新潮日本人名事典

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 尾山篤二郎 - 文学のまち金沢(金沢市公式ホームページ「いいねっと金沢」内)