大伴旅人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大伴旅人(菊池容斎・画、明治時代)

大伴 旅人(おおとも の たびと、天智天皇4年(665年) - 天平3年7月25日731年8月31日)は、飛鳥時代から奈良時代にかけての貴族歌人。名は多比等とも記される。大納言大伴安麻呂の長男。官位従二位・大納言。

経歴[編集]

和銅3年(710年)正月の元明天皇朝賀に際して、左将軍として副将軍穂積老と共に騎兵・隼人蝦夷らを率いて朱雀大路を行進した[1]。和銅4年(711年従四位下、和銅8年(715年)従四位上・中務卿養老2年(718年中納言、養老3年(719年正四位下元明朝から元正朝にかけて順調に昇進する。

養老4年(720年)2月29日に大隅守陽侯史麻呂の殺害に端を発した隼人の反乱の報告を受け、3月4日に征隼人持節大将軍に任命され反乱の鎮圧にあたる。5月頃軍営を張り、6月中旬までには一定の成果を上げる[2]。その後、8月3日に右大臣藤原不比等が亡くなったことから、8月12日に旅人はに戻るよう勅を受ける。しかし、隼人の平定は未了であったため、副将軍以下は引き続き駐屯を命じられている[3]。翌養老5年(721年従三位に、神亀元年(724年聖武天皇即位に伴って正三位に叙せられる。

神亀5年(728年)頃大宰帥として妻・大伴郎女を伴って大宰府に赴任する。60歳を過ぎてからの二度目の九州下向であったが、この任官については、当時権力を握っていた左大臣長屋王排斥に向けた藤原四兄弟による一種の左遷人事、あるいは、当時の国際情勢を踏まえた外交防衛上の手腕を期待された人事[4]の両説がある。大宰府では山上憶良満誓らとの交流を通じて筑紫歌壇を形成した。赴任後間もなく妻を亡くし[5]、後には異母妹の大伴坂上郎女が西下している。なお、子息の家持書持や坂上郎女の西下時期については、旅人の赴任と同時とする説と、天平2年(730年)6月に旅人が危篤になった時との両説がある。しかし、旅人の大宰帥時代については、史料万葉集のみに限られていることから、旅人周辺の人物関係については推測の域を出ていない考察が多い。

旅人が九州にいる間に、神亀6年(729年)左大臣・長屋王、天平2年(730年)9月に大納言多治比池守と大官が次々と没したことから、旅人は太政官において臣下最高位となり(太政官の首班は知太政官事舎人親王)、同年11月に大納言に任ぜられて帰京する。翌天平3年(731年)正月に従二位に昇進するが、まもなく病を得て7月25日に薨去。最終官位は大納言従二位。

人物[編集]

万葉集』に和歌作品が78首選出されているが、和歌の多くは大宰帥任官以後のものである。酒を讃むるの歌十三首[6]を詠んでおり、をこよなく愛した人物として知られる。『新古今和歌集』(1首)以下の勅撰和歌集に13首が入集[7]。漢詩集『懐風藻』に漢詩作品が採録されている。

和歌作品[編集]

歌風は、大陸的風雅心・老荘的自由思想と位置付けられている[8]

  • やすみししわご大君の食国(おすくに)は倭も此処も同じとぞ思ふ - 任地の大宰府で都を偲ぶ歌
  • わが苑に梅の花散る久方の天より雪の流れくるかも - 「梅花の宴」で詠んだ歌
  • 験(しるし)なきものを念(おも)はずは一坏(つき)の濁れる酒を飲むべくもあるらし[9] - 『万』巻三・雑歌338
  • 今昔秀歌百撰で大伴旅人は9番で、昔見し象の小河を今みればいよよ清けくなりにけるかも(出典:万葉集巻三,選者:加藤淳平(元駐ベルギー大使))

官歴[編集]

注記のないものは『続日本紀』による。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『続日本紀』和銅3年正月1日条
  2. ^ 『続日本紀』養老4年6月17日条
  3. ^ 『続日本紀』養老4年8月12日条
  4. ^ 増尾伸一郎『万葉歌人と中国思想』
  5. ^ 『万葉集』巻5-795
  6. ^ 国歌大観番号0338-0350
  7. ^ 『勅撰作者部類』
  8. ^ 『新訂 総合国語便覧』 第一学習社 (27版)1998年 ISBN 4-8040-3301-7 p.77
  9. ^ 訳・かいのない事など思い悩まないで、一杯の濁り酒を飲むのがよいようだ。
  10. ^ a b 『公卿補任』
  11. ^ 『続日本紀』天平3年7月25日条
  12. ^ 『続日本紀』延暦4年8月28日条
  13. ^ 鈴木真年『百家系図』巻59,大伴宿禰

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]