藤原継縄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
藤原継縄
Fujiwara no Tsugutada.jpg
藤原継縄/『前賢故実』より
時代 奈良時代後期 - 平安時代初期
生誕 神亀4年(727年
死没 延暦15年7月16日796年8月27日
別名 桃園右大臣、中山
官位 正二位右大臣従一位
主君 淳仁天皇称徳天皇光仁天皇桓武天皇
氏族 藤原南家
父母 父:藤原豊成、母:路虫麻呂娘
兄弟 武良自継縄乙縄縄麻呂中将姫
大伴旅人娘・留女之女郎
百済王理伯娘・百済王明信
真葛乙叡
テンプレートを表示

藤原 継縄(ふじわら の つぐただ)は、奈良時代後期から平安時代初期にかけての公卿藤原南家の祖である左大臣藤原武智麻呂の孫。右大臣藤原豊成の次男。官位正二位右大臣従一位桃園右大臣あるいは中山を号す。

経歴[編集]

出生から藤原仲麻呂の乱まで[編集]

天平宝字7年(763年)37歳で従五位下叙爵する。末弟(四男)の縄麻呂は既に天平勝宝元年(749年)に20歳で従五位下に叙されているが、これは縄麻呂の母(参議藤原房前の娘)の身分が高く、縄麻呂が嫡子として扱われた可能性があるのと、その後の藤原仲麻呂政権下で父と共に権力から排除されていたためと想定される[1][2]。翌天平宝字8年(764年)正月に信濃守に任官するが、9月に藤原仲麻呂の乱が発生した際に、越前守であった藤原辛加知(仲麻呂の子)が佐伯伊多智に斬殺されると、継縄はその後任として越前守に転任した。藤原仲麻呂は北陸道への逃亡を企てており、越前は軍事的に重要な場所であった点から、軍事目的の任命と考えられる。また、この反乱を通じて大宰員外帥に左遷されていた父・豊成も右大臣に復帰している。

道鏡政権・光仁朝[編集]

道鏡政権に入ると急速に昇進し、天平神護元年(765年)正月に従五位上に進むと、同年11月の父・豊成の薨去に伴って三階昇進して従四位下に叙せられる。さらに翌天平神護2年(766年)には参議に任ぜられ公卿に列す傍ら、右大弁外衛大将と文武の要職も兼帯した。

宝亀元年(770年光仁天皇の即位に伴って従四位上に叙せられると、翌宝亀2年(771年従三位と光仁朝初頭は引き続き順調に昇進する。また、光仁朝では外衛大将・左兵衛督兵部卿など武官を歴任した。宝亀10年(779年)に弟の中納言・藤原縄麻呂が薨去すると、継縄は藤原南家の氏上格となり、翌宝亀11年(780年)2月に中納言に昇進する。3月になると陸奥国蝦夷の族長であった伊治呰麻呂が反乱を起こし、按察使紀広純を殺害したため(宝亀の乱[3]、これを鎮圧すべく継縄は征東大使に任ぜられた。しかし継縄は準備不足などを理由にして平城京から出発しようとせず、遂に大使を罷免されてしまった(後任大使は藤原小黒麻呂)。ただし特に叱責を受けたり左遷されるなどの処分は受けていない。

桓武朝[編集]

天応元年(781年桓武天皇が即位すると、同じ藤原南家の従兄弟・藤原是公が重用されるようになる。同年9月に2人は正三位・中納言となって肩を並べ、翌天応2年(782年)是公が先に大納言に昇進して官位面で後塵を拝することになった。延暦2年(783年)には是公は右大臣に就任するが、後任の大納言には継縄が任ぜられ、藤原南家の公卿で太政官の首班・次席を占めた。延暦4年(785年)の藤原種継暗殺事件や、桓武天皇の皇后藤原乙牟漏夫人旅子の相次ぐ死により藤原式家の勢力が衰えたためか[4]昇進も順調で、大宰帥皇太子傅中衛大将を経て、延暦8年(789年)藤原是公の薨去により太政官の筆頭の地位に就き、延暦9年(790年右大臣に至った。

継縄が太政官筆頭の時期の重要事項として、延暦11年(792年)全国の兵士を廃止して健児を置いたことがあげられる。延暦13年(794年)の平安京遷都に深く関わったとする説もある。『続日本紀』の編纂者としても名が挙げられているが、生前には一部分しか完成しておらず、実際に関与した部分は少なかったと見られている。

延暦15年(796年)7月16日薨去。享年70。最終官位は右大臣正二位兼行皇太子傅中衛大将。没後に従一位が贈られた。

人物[編集]

夫人が百済渡来氏族出身(百済王氏)であったためか、同じく百済系渡来氏族出身とされる高野新笠を母に持つ、桓武天皇からの個人的信頼が厚かった政治家の一人であり[5]、天皇が継縄の邸に訪れることもしばしばであった。その際に百済王氏一族を率いて百済楽を演奏させたことがある。『日本後紀』の薨伝によれば凡庸な人物であるものの人柄はよかった[6]というが、その点も桓武の信任を得た理由だという説がある[5]

官歴[編集]

続日本紀』による。

系譜[編集]

尊卑分脈』による。

脚注[編集]

  1. ^ 高島[1983: 250])
  2. ^ なお、縄麻呂は宝亀10年(779年)に中納言で死去するまで、一貫して官位では継縄より上位にあった
  3. ^ 『続日本紀』宝亀11年3月22日条
  4. ^ 坂上康俊『律令国家の転換と「日本」』日本の歴史第05巻、講談社2001年、pp.32-33。ISBN 4062689057
  5. ^ a b 坂本太郎『六国史』日本歴史叢書新装版、吉川弘文館、1994年(1970年初版)、pp.179-180。ISBN 978-4642066020
  6. ^ 原文(書き下し)では「才識なしと雖も謙恭自ら守り」とある
  7. ^ a b 『公卿補任』

出典[編集]

関連項目[編集]