坂上康俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂上 康俊(さかうえ やすとし、 1955年10月31日[1] - )は、日本の歴史学者九州大学教授。専門は日本古代史(律令制度、日唐交渉史)。宮崎県出身。

経歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 『宮崎県史 通史編古代2』 (宮崎県、1998年)
  • 『宮崎県の歴史』長津宗重,福島金治,大賀郁夫,西川誠共著 (山川出版社、1999年)
  • 『日中律令制の諸様相』 (東方書店、 2002年 )
  • 『太宰府市史 古代資料編』(太宰府市、2003年)
  • 『太宰府市史 通史編I』(太宰府市、2005年)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.318

論文[編集]