佐伯伊多智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐伯 伊多智(さえき の いたじ/ いたち、生没年不詳)は、奈良時代貴族。名は伊多治伊太智伊多知伊達とも記される。征越後蝦夷将軍・佐伯石湯の子とする系図がある。官位従四位上中衛中将勲等は勲二等。

経歴[編集]

天平宝字8年(764年衛門少尉官職にあったが、藤原仲麻呂の乱が発生すると孝謙上皇方として活動する。9月11日に恵美押勝軍が宇治から近江国に逃亡しようとしたため、山城守日下部子麻呂とともに田原道(東山道の一部)を先回りして近江国に出ると、勢多橋を焼き落としその気勢を削ぐ。慌てた押勝軍が高島郡に向かうのを見て、伊多智らは馬を駆って先に越前国に入り、押勝の息子である越前守恵美辛加知を斬殺した。翌9月12日には伊多智らは越前国に入ろうと愛発関に至った押勝軍と交戦、伊多智らが放ったにより押勝軍の数名を殺傷するなど、押勝軍の越前国入国を阻止する[1]。この戦功によって、伊多智は直ちに従五位下に叙せられている。

10月に逆徒追討の功労者に対する叙位が行われ、伊多智は従五位上に叙せられる。さらに従四位下まで昇進するとともに、翌天平神護元年(765年勲二等叙勲を受け、天平神護2年(766年)には功田20町を与えられた。神護景雲2年(768年)従四位上・左衛士督叙任される。

光仁朝宝亀2年(771年)それまでの中衛中将下野守を兼ねている。

官歴[編集]

続日本紀』による。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『続日本紀』天平宝字8年9月18日条
  2. ^ a b 鈴木真年『諸系譜』第8冊,佐伯宿禰

参考文献[編集]