近衛基実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「近衞基実」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
 
近衛基実
Konoe Motozane.jpg
近衛基実像(『天子摂関御影』より)
時代 平安時代末期
生誕 康治2年(1143年
死没 永万2年7月26日1166年8月23日
別名 六条殿、梅津殿、中殿
官位 正二位摂政関白左大臣正一位太政大臣
主君 後白河天皇二条天皇六条天皇
氏族 藤原北家御堂流近衞家
父母 父:藤原忠通、母:源国信娘・信子
兄弟 恵信、覚忠、聖子崇徳天皇中宮)、
基実松殿基房
育子二条天皇中宮)、九条兼実
尊忠、道円、信円兼房慈円
最忠など
養兄弟:呈子藤原伊通娘)
正室:平清盛四女・盛子
藤原忠隆娘、藤原顕輔娘、源盛経
基通粟田口忠良
通子(高倉天皇妃)、覚尊、祐覚、道鑑
テンプレートを表示

近衞 基実(このえ もとざね)は、平安時代末期の公卿藤原北家関白藤原忠通の四男。官位正二位摂政・関白・左大臣。通称は六条摂政(ろくじょう せっしょう)。五摂家の一つとなった近衞家の祖。

経歴[編集]

父・忠通にとって16年前に三男を早世させて以来の男子出生であったが、既に忠通は自身と20歳以上も年の離れた弟である頼長猶子としており、表向きは歓迎されない出生であった。だが翌年には母・信子の実家より高陽院に移され、久安元年(1145年)正月に事実上の後継者としての披露が行われた。

久安6年(1150年)、8歳で正五位下左近衛少将に叙任される。その後も父と後白河天皇の引き立てで権中納言権大納言を経て、保元2年(1157年)には正二位右大臣に叙任される。この間、保元の乱においては父と共に天皇に近侍して東三条殿行幸の際に剣璽を奉じている。保元3年(1158年)8月には16歳の若さで二条天皇の関白にまで栄進し、藤氏長者となった。

平治2年(1160年)には左大臣に任ぜられ、長寛3年(1165年)には六条天皇の摂政となる。しかし翌永万2年(1166年)7月26日、僅か24歳で病により薨御。死後、正一位太政大臣を追贈された。

官歴[編集]

※日付は旧暦。

系譜[編集]