近衛経熙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
近衛経煕
時代 江戸時代中期
生誕 宝暦11年2月22日1761年3月28日
死没 寛政11年6月25日1799年7月27日
官位 従一位右大臣
主君 後桜町天皇後桃園天皇光格天皇
氏族 近衛家
父母 父:近衛内前、母:家女房
養母:徳川勝子徳川宗春の娘)
兄弟 経熙、因子、維子
泰宮薫子女王有栖川宮職仁親王の娘)
基前、亮深、熙子、義海
テンプレートを表示

近衛 経熙(このえ つねひろ)は江戸時代中期の公家、父は近衛内前、養母は尾張藩主・徳川宗春の娘・勝子(実母は家女房)。官位は従一位右大臣

系譜[編集]

補注[編集]

  1. ^ 外様大名出身の茂姫を御台所とすることに難色を示した幕府に配慮し、鎌倉時代より近衛家と島津氏が擬制同族関係にあったこと、近衛家が以前から島津氏出身の正室を迎えていた縁から、近衛家養女となった。詳細は「広大院」参照。

関連項目[編集]