近衛家基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「近衞家基」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
 
近衞家基
時代 鎌倉時代後期
生誕 弘長元年(1261年
死没 永仁4年6月19日1296年7月20日
別名 高山寺、浄妙寺(号)
官位 従一位関白右大臣
主君 亀山天皇後宇多天皇伏見天皇
氏族 近衞家
父母 父:近衛基平
兄弟 家基位子兼教覚昭尋基鷹司兼忠
亀山天皇皇女、鷹司兼平の娘
家平経平良覚慈勝信助、娘(近衛兼教室)
テンプレートを表示

近衛 家基(このえ いえもと)は、鎌倉時代後期の公卿近衛基平の長男。右大臣関白等を歴任した。号に近衛関白

経歴[編集]

文永6年(1269年)、元服、正五位下に叙され、右少将となる。文永7年(1270年)右中将、従三位。文永10年(1273年)権大納言。弘安4年(1281年)従一位。正応元年(1288年)右大臣。正応2年(1289年)関白、氏長者となった。

永仁4年6月19日、36歳で薨去。

系譜[編集]