藤原兼通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
藤原兼通
時代 平安時代中期
生誕 延長3年(925年
死没 貞元2年11月8日977年12月20日
別名 堀川(河)殿
諡号 忠義公(漢風号)、遠江公(国公)
官位 従一位関白太政大臣正一位
主君 朱雀天皇村上天皇冷泉天皇円融天皇
氏族 藤原北家九条流
父母 父:藤原師輔、母:藤原経邦娘・盛子
養父:藤原忠平
兄弟 伊尹兼通安子村上天皇中宮)、
兼家遠量忠君、遠基、遠度
登子重明親王継室→村上天皇後宮)、源高明室、高光愛宮(源高明後室)、為光尋禅、深覚、公季
怤子(冷泉天皇女御)、
繁子(一条天皇典侍)、源重信
元平親王娘・昭子女王[1]
大江維時娘・皎子、
有明親王娘・能子女王[2]
平時望娘・寛子、藤原有年
顕光媓子円融天皇中宮)、時光
朝光、遠光、正光
婉子(藤原誠信室→源乗方室)、親光、用光
テンプレートを表示

藤原 兼通(ふじわら の かねみち)は、平安時代中期の公卿藤原北家右大臣藤原師輔の次男。官位従一位関白太政大臣正一位

経歴[編集]

天慶6年(943年従五位下叙爵し、天慶9年(946年村上天皇即位後に侍従に任ぜられる。天暦2年(948年左兵衛佐、天暦9年(955年左近衛少将と武官を歴任したのち、天徳4年(960年従四位下中宮権大夫春宮亮に叙任され、同母妹の中宮藤原安子と所生の春宮・憲平親王に仕える。同年、村上朝の有力者であった父の右大臣藤原師輔を失うが、それでも安子が村上天皇からの寵愛を深く受け、有力な皇嗣候補である憲平親王(冷泉天皇)・為平親王・守平親王(円融天皇)を儲けていたことから、伊尹・兼通・兼家の兄弟は政治上極めて有利な立場にあった。ところが応和4年(964年)に突如、安子が急死してしまう。その際、最後まで彼女に付き添ったのは父の死後に彼女を支えた2人の「兄」である伊尹(参議)と兼通(中宮権大夫)であった[3]。なお、安子の「弟」であった兼家(左京大夫)はその場に立ち会えなかった。

康保4年(967年)正月に蔵人頭内蔵頭に任ぜられるが、同年5月に村上天皇が崩御したため、冷泉天皇の即位と共に蔵人頭を弟の兼家と交代する。なお、この年兼通は7年ぶりに昇叙されて従四位上に叙せられるが、兼家は1年の間に三度の昇叙を受けて一挙に従三位に昇っており位階面で先を越されてしまう。さらに安和2年(969年)に兼通は従三位・参議に叙任され公卿に列すが、兼家は参議を経ずに正三位中納言と昇進面で水を空けられた。これについては、子息の・正光源高明の娘「中姫君」を娶っていたため[4]安和の変の際に兄弟の中で唯一高明派とみなされて冷遇されたとする説がある。兼通は世間体を苦にして出仕を怠るようになると、そのために冷泉天皇に次いで即位していた円融天皇からも疎遠に思われるようになってしまっていた[5]。この間に長兄・伊尹は安和3年(970年摂政右大臣、天禄2年(971年太政大臣に昇る。翌天禄3年(972年)閏2月に兼通はようやく権中納言に進むが、兼家は権大納言右近衛大将大臣の座を目前としていた。この頃の兼遠と兼家の官位の逆転が、二人の不和の原因となったともされる[6]

同年8月ごろより伊尹は病に伏し、10月には危篤に陥って21日に辞意を示す上表を行った。それを知った兼通と兼家は早くも次の日には円融天皇の御前で後任を巡って口論を始める有様であった[7]。23日に伊尹の摂政辞任だけは認められる。しかし、天皇の本心は伊尹の後任として右大臣・藤原頼忠内覧に任じて親政を行う意向であり、実際に頼忠に内覧就任の意向を尋ねたという[8]。ここで、兼通はこの状況に乗ぜんと参内する。しかし鬼の間に居た天皇は、平素から疎んじていた兼通の姿を見ると別の間へ移ろうとした。そこで「奏上したき事があります」と言上し、天皇を座に留まらせた兼通は書を奉った。その手跡は天皇が幼い頃に亡くなった母后・安子のものであった。先に弟の兼家に摂関を奪われることを恐れていた兼通は、存命中だった妹の安子から「将来、摂関たることあれば、必ず兄弟の順序に従って補任すること」との書付を受け、この書を懐に入れて肌身離さず持っていたという。それを見た天皇は亡き母の遺命に従うこととしたという[9]。この『大鏡』に記載された逸話に関連して以下の考察が行われている。

  • 『親信卿記』において兼通の内大臣就任の背景として「前宮遺命」があったとする記述より[10]、「安子の遺命」は存在したものの、長兄の伊尹の摂関就任よりも以前に死去した安子が『大鏡』に書かれたような摂関の地位について意見を述べたとは考えにくい。実際の内容は自分を庇護してきた「兄」兼通への将来に関するものだった(倉本一宏)。
  • 当時の皇統について、冷泉天皇の子孫が継承するものと認識されており、伊尹や兼家は冷泉天皇の弟妹に対しては冷淡な対応を取っていたのに対し、「安子の遺命」は兼通に他の皇子女の庇護を求めたものとする。安子の没後、本来皇位継承を想定されていなかった弟の守平親王が立太子されて円融天皇として即位した後も伊尹や兼家は円融天皇を「一代主」(中継ぎの天皇)とする認識を変えず娘を后にすることはなく、安子に守平(円融天皇)らを託された兼通だけが娘を入内させた(兼家の娘・詮子の入内は兼通の没後)。その結果、伊尹の死の直前に元服した円融天皇は母の遺命に従って自らを保護し続けた兼通を唯一の後見として関白に任じ、反対に冷泉上皇派とみなされた兼家は遠ざけられた(栗山圭子)。

まず、10月27日に兼通に対して内覧が許されると、11月1日の伊尹の薨去を経て、27日には兼通は権中納言から一挙に内大臣に引き上げられた。これら一連の経過を受けて、藤原済時大納言を経ずに兼通が内大臣に就任したこと、この人事を行った円融天皇、更にはこれを止めなかった藤原頼忠を強く非難している[7]。なお、村上天皇・藤原安子の死去後に所生の皇女たちの後見を藤原兼通が務めていた形跡があり、また兼通が守平親王(後の円融天皇)を養育していた藤原登子(兼通・安子らの妹、重明親王未亡人)と親しかった(兼通の息子の朝光は重明と登子の娘を娶っている)こと、円融天皇の元服後に直ちに娘を入内させた公卿は兼通だけであったことから、当初は皇位継承構想から外れていた守平(後の円融天皇)・為平両親王の後見も兼通が務めていたとする見方もある(栗山圭子[11])。

明けて天禄4年(973年)2月に長女の藤原媓子を入内させ、7月には中宮とする。当時「中継ぎ」とみなされていた円融天皇への娘の入内を多くの貴族がためらった中で兼通だけが天皇の元服後程なく娘を入内させたこと、円融天皇の同母妹であった選子内親王を兼通が自邸の堀河殿に引き取って昭子女王・媓子母娘が養育したとされる[12]ところは注目される[13]。天延2年(974年)には頼忠に代わって藤氏長者となり、正二位・関白太政大臣に叙任され、天延3年(975年従一位に昇った。貞元元年(976年内裏で火事が発生すると、天皇は兼通の邸宅である堀河第に移り、時の人はこれを「今内裏」と呼んだ[14]

弟の兼家との不仲は顕著で、兼通の関白就任後には兼家の昇進を全く止めたばかりか、異母弟の為光を筆頭大納言として兼家の上位に就ける程であった。さらに、兼通の娘の中宮・藤原媓子に対抗して、兼家の方でも冷泉上皇の女御であった長女超子に次いで、次女の詮子をも円融天皇に入内させようとしており、兼通はこれを激しく非難して妨害した。すると円融天皇は「詮子を入内させないのは、超子が生んだ子に皇位継承されるのを兼家が望んでいるのではないか」と疑って兼家を遠ざけ、かえって兼通を重用するようになっていった[15]。超子が冷泉天皇皇子の居貞親王(後の三条天皇)を生むと、兼通はますます不機嫌になり、円融天皇に讒言する有様であった。また、兼家の東三条第閑院を間に挟んで堀河第に近接していたが、東三条第に客が来ると兼通はこれを罵り、人々は恐れて夜に忍んで東三条第を訪ねるようになった[14]

一方で、兼通は右大臣・藤原頼忠との関係は良好であり、全ての政務を二人で相談して執り行っていると評されるほどであった[14]。加えて、かつて藤氏長者を譲られたこともあって、頼忠を自分の後継にと考えていた。ところが、左大臣源兼明は太政官の筆頭として、兼通と伍する政治力を有していた(太政大臣は太政官の実務に携われない慣例であり、左大臣が事実上の最高責任者となる)。ここで兼通は頼忠を太政官の最高責任者である一上に任じて兼明の政治的権限を剥奪した上で、兼明を親王に復帰させ(親王は政務に携われない慣例だった)、空いた左大臣に頼忠を任じた。

貞元2年(977年)10月に重い病に伏した兼通は、家人より東三条第から車がやって来ると報を受けた。てっきり兼家が見舞いに来るのかと察した兼通は、周囲を片づけさせて来訪を待っていたところ、兼家の車は門前を通過して内裏へ行ってしまった。兼通がもう臨終だと思った兼家は、早速天皇に後任を奏請するつもりだったのである。これを知った兼通は激怒して起き上がり、四人に支えられながら病をおして参内した。ちょうど、天皇に奏請していた最中に兼通が現れたため、驚愕した兼家は他所へ逃げてしまった。兼通は最後の除目を行うと宣言し、左大臣頼忠をもって自分の後任の関白とした。その上で、兼家の右近衛大将の職を解き治部卿へ降格してしまった。天皇もその気魄に逆らうことができなかった。兼通は居並ぶ公卿たちを顧みて、右近衛大将を欲する者はないかと問う。公卿たちは言葉も出なかったが、中納言・藤原済時が進み出て求め、右近衛大将に任じられた[16]

それから程無い同年11月8日薨去享年53。正一位を贈られるとともに、忠義公と諡され、遠江国に封ぜられた。

人物[編集]

きらきらと輝くような美しい容貌をしていた。臨時客の日に真っ盛りに咲いていた紅梅を一枝手折ってに挿し、少し形だけの手つきをした姿の立派さが『大鏡』で賞賛されている。

寝酒に絞めたばかりの生肉を食べることを好んだが、毎日その時間にちょうど合うように雉を準備するのが難しいため、宵のうちから生きた雉を用意していたという[17]

官歴[編集]

注記のないものは『公卿補任』による。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 有明親王次女とも。
  2. ^ a b 昭子女王と同人物とする説もある。
  3. ^ 『村上天皇御記』応和4年/康保元年4月29日条。
  4. ^ 栄花物語』など
  5. ^ 『大鏡』第三巻38段
  6. ^ 八巻本系『大鏡』兼通伝
  7. ^ a b 済時記
  8. ^ 『親信卿記』
  9. ^ 『大鏡』巻第三巻38段
  10. ^ 『親信卿記』天禄3年11月26日条
  11. ^ 栗山[2017: 131-135,141]
  12. ^ 所京子「大斎院選子の仏教信仰」『斎王和歌文学の史的研究』国書刊行会、1989年(初出は1984年)
  13. ^ 栗山[2017: 128]
  14. ^ a b c 『栄花物語』巻第2,花山たづぬる中納言
  15. ^ 兼通の没後、円融上皇が兼通が地獄に落ちる夢を見たと述べて、彼を救うために『法華経』の写経を行ったという(『小右記』永祚元年12月26日条)。
  16. ^ 大鏡』第三巻46段
  17. ^ 『大鏡』第三巻40段
  18. ^ 『親信卿記』
  19. ^ 『公卿補任』『扶桑略記』
  20. ^ 『日本紀略』『愚管抄』では兼通の関白宣下を天延2年3月26日としており、兼通の公事への関与状況からこの説を支持して天禄3年以後天延2年までは内覧であったとする見解が有力となっている。ただし、この経緯についても諸説あり、山本信吉・米田雄介は天禄3年10月27日内覧に就任してそのまま天延2年3月26日に関白に就任を唱えるのに対し、春名宏明・大津透は11月1日の伊尹の死により内覧も止められて関白就任まで一介の内大臣に過ぎなかったと説き、倉本一宏は10月27日に内覧宣旨が出されたものの伊尹の死でその有効性が問題とされたために11月27日の内大臣任命の宣命の中で内覧の継続が確認されて天延2年の関白就任に至ったと説く。

出典[編集]