九条良平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

九条 良平(くじょう よしひら、元暦元年4月19日1184年5月30日) - 延応2年3月17日1240年4月10日))は、鎌倉時代の公卿。九条兼実の三男で、母は藤原頼輔の女。兄九条良経の養子となり、醍醐太政大臣と呼ばれる。

侍従右少将左中将などを経て、元久元年(1204年)に参議となり、その後権中納言権大納言大納言と歴任。元仁元年(1224年)、内大臣に就任。安貞元年(1227年)には、左大臣となったが、病のため辞任。しかし、暦仁元年(1238年太政大臣として官界に復帰した。暦仁2年(1239年)再び病を得て出家。翌年播磨で没した。