徳大寺公孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
徳大寺公孝
時代 鎌倉時代中期
生誕 建長5年(1253年[1]
死没 嘉元3年7月12日1305年8月3日
別名 徳大寺太政大臣
官位 従一位太政大臣
主君 後嵯峨上皇後深草天皇亀山天皇伏見天皇後伏見天皇後二条天皇
氏族 藤原北家閑院流徳大寺家
父母 父:徳大寺実基、母:藤原頼平の女
二条良実の女
三条喜子(三条公親の女)
徳大寺実孝徳大寺忻子
テンプレートを表示

徳大寺 公孝(とくだいじ きんたか)は鎌倉時代公卿徳大寺太政大臣と号する。従一位太政大臣。母は太政大臣大炊御門頼実の息男で正二位中納言に至った藤原頼平の女である。

経歴[編集]

以下、『公卿補任』の記事に従って記述する。

正嘉元年(1257年)8月11日、従五位上に叙され、同年11月10日には侍従に任ぜられる。この時まだ5歳。正嘉2年(1258年)5月14日、正五位下に叙され、同年12月14日、左少将に任ぜられる。正元元年(1259年)3月8日、従四位下に叙せられる。同年11月21日、従四位上に昇叙、同年12月5日には禁色を許される。文応元年(1260年)3月29日、下野権介を兼ね左中将に任ぜられる。弘長元年(1261年)2月8日、正四位下に昇叙、同年8月20日に中宮権亮を兼ねる。文永元年(1264年)1月13日、相模権介を兼ねる。文永4年(1267年)2月1日、参議に任ぜられる。同日左中将は元の如し。同年6月23日、左兵衛督検非違使別当となる。同年11月8日、従三位に昇叙。文永5年(1268年)1月29日、近江権守を兼ねる。文永6年(1269年)3月27日、権中納言に任じられ左兵衛督兼検非違使別当は元の如し。しかし同月30日には左兵衛督と検非違使別当を辞した。同年10月9日には帯剣を許される。文永7年(1270年)閏9月4日、正三位に昇叙。文永8年(1271年)3月27日、春宮権大夫を兼任。文永9年(1272年)1月5日、従二位に昇叙。文永10年(1273年)2月14日、父徳大寺実基が薨去。文永11年(1274年)1月26日、後宇多天皇即位により東宮権大夫を停止。建治元年(1275年)4月22日、母の喪に服す。弘安元年(1278年)2月10日、正二位に昇叙。以後、正二位行権中納言のまま過ごし、弘安6年(1283年)3月28日、権大納言に任ぜられる。またこの年、忻子が誕生。母は前内大臣三条公親の女従三位喜子。弘安8年(1285年)8月19日、皇后宮大夫を兼任。正応3年(1290年)7月21日、右近衛大将を兼ねるが、11月21日には権大納言、右近衛大将、皇后宮大夫全てを辞職。翌正応4年(1291年)12月25日、内大臣に任ぜられる。正応5年(1292年)5月7日、随身兵仗を給わった。同年8月8日、上表して内大臣を辞した。この後前内大臣として数年を過ごし、正安元年(1299年)12月21日、兼宣旨が下り同月27日、右大臣に任ぜられる。翌正安2年(1300年)1月5日、従一位昇叙。乾元元年(1302年)11月22日、太政大臣に転任。同年12月8日、左右近衛府生各1名、番長各1名、近衛各3名を随身として賜った。翌嘉元元年(1303年)兵仗を賜った。同年2月、女の忻子が従三位に叙され、同年8月には後二条天皇のもとに入内女御となり、9月に中宮となった。嘉元2年(1304年)3月13日、上表して太政大臣を辞した。嘉元3年(1305年)7月8日、出家し同月12日に薨去。

『徒然草』の登場人物[編集]

徳大寺公孝は『徒然草』の第23段と第206段に登場する。また父実基も第206段と207段に登場し、怪異を恐れず合理的な人物である姿が描かれている。第206段では公孝が検非違使別当であった時の話であるから、公孝が若かったころの話である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 徳大寺実基が53歳の時、太政大臣に任ぜられた年に誕生したことになる。

参考文献[編集]