西園寺公名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
西園寺公名
時代 室町時代前期 - 後期
生誕 応永17年(1410年
死没 応仁2年5月22日1468年6月12日
改名 公名→永存(法名)
別名 道号:菊畹、号:観音寺相国
官位 従一位太政大臣
主君 称光天皇後花園天皇
氏族 西園寺家
父母 父:西園寺実永、母:持明院基親の娘
広橋兼宣の娘
実遠、公源、公承
テンプレートを表示

西園寺 公名(さいおんじ きんな)は、室町時代前期から中期にかけての公卿右大臣西園寺実永の子。官位従一位太政大臣。道号は菊畹。号は観音寺相国。

経歴[編集]

応永17年(1410年)に西園寺実永の子として誕生。

応永27年(1420年12月5日参議となる。永享10年(1438年)に内大臣(1438年 - 1441年)となる。宝徳2年(1450年4月25日、叙従一位康正元年(1455年)に太政大臣(1455年 - 1457年)となる。

長禄元年(1457年8月28日に出家。法名は永存。応仁2年(1468年)に薨去。