徳大寺実久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
徳大寺実久
時代 安土桃山時代江戸時代
生誕 天正11年8月16日1583年10月1日
死没 元和2年11月26日1617年1月3日
諡号 晴雲院
官位 従三位権中納言
主君 後陽成天皇後水尾天皇
氏族 花山院家徳大寺家
父母 父:花山院定熙、母:徳大寺公維の娘
養父:徳大寺公維
兄弟 実久忠長定好宗保
月明院織田信長の娘)
公信和田三正
テンプレートを表示

徳大寺 実久(とくだいじ さねひさ)は、安土桃山時代から江戸時代にかけての公卿。官位は従三位権中納言。号は晴雲院。

経歴[編集]

徳大寺公維の外孫に当たるため、公維の養子に入って徳大寺家の名跡を継いだ。天正14年(1586年)従五位上に叙爵。以降累進して、天正15年(1587年)侍従となる。天正17年(1589年)に元服し、慶長3年(1598年)には右近衛少将に任じられた。慶長5年(1600年)には従四位上に進んだ。しかし慶長14年(1609年)には烏丸光広大炊御門頼国猪熊教利らとともに姦淫放蕩をして勅勘を被った(猪熊事件)。慶長16年(1611年)には許され、再び朝廷に出仕した。

慶長17年(1612年)に正四位下右近衛中将となり、慶長18年(1613年)1月6日には従三位に叙せられ、公卿に列した。慶長19年(1614年)には権中納言となる。元和元年(1615年)には踏歌節会外弁をつとめたが、元和2年に薨去した。享年34。

系譜[編集]

関連項目[編集]