三条実香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
三条実香
時代 室町時代後期 - 戦国時代
生誕 文明元年(1469年
死没 永禄2年2月25日1559年4月2日
改名 実香→諦空(法名)
別名 号:後浄土寺
官位 従一位太政大臣
主君 後土御門天皇後柏原天皇後奈良天皇
氏族 三条家
父母 父:三条公敦
公頼、香子
テンプレートを表示

三条 実香(さんじょう さねか)は、室町時代後期から戦国時代にかけての公卿右大臣三条公敦の子。官位従一位太政大臣三条家15代当主。

経歴[編集]

長享元年(1487年7月29日、叙従三位永正4年(1507年)に内大臣(1507年 - 1515年)となる。

永正12年(1515年12月26日、叙従一位。同年に右大臣(1515年 - 1518年)となる。天文4年(1535年)に太政大臣(1535年 - 1536年)となる。

天文6年(1537年2月8日9日?)に出家。永禄2年(1559年)、薨去。

系譜[編集]