穂積親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

穂積親王(ほづみしんのう、生年不詳 - 和銅8年7月27日715年8月30日))は、飛鳥時代から奈良時代にかけての皇族天武天皇の第五皇子[1]官位一品知太政官事

経歴[編集]

前半生は不明な点が多く、持統朝までは持統天皇5年(691年)に封500戸を与えられた(このときの冠位は浄広弐)こと以外は詳細な事跡は不明。また『万葉集』に基づき、藤原氏の血を引く但馬皇女藤原不比等の姪。一説では高市皇子妃)との密通が露顕し、一時左遷されていたとの推測もある。

文武朝に入り、大宝元年(701年)の大宝令の制定に伴う位階制度への移行を通じて三品となる。大宝2年(702年)12月の持統上皇の崩御に際して作殯宮司を、翌大宝3年(703年)10月の葬儀では御装長官を務めている。

慶雲2年(705年)5月に異母兄・忍壁親王が薨ずると[2]、同年9月にその後任として知太政官事に任ぜられる。文武朝末から元明朝を通じて太政官の統括者となり、左大臣石上麻呂右大臣藤原不比等とともに政権を支えた。和銅8年(715年)正月に一品に叙せられるが、母の大蕤娘に先立って同年7月27日に薨去享年は40代前半と推定される。最終官位は知太政官事一品。

なお、群馬県にある多胡碑には、和銅4年(711年)3月9日の日付とともに「太政官二品穂積親王」と名前が刻まれている。また、穂積親王を高松塚古墳の被葬者とする説もある。

和歌[編集]

万葉集』に4首の歌が残っている。以下に挙げる、そのうちの1首は和銅元年(708年)の但馬皇女薨去を悼んで読んだ歌。

  • 降る雪はあはにな降りそ吉隠の猪養の岡の寒からまくに

次の1首は後年になって酒宴の席で過去の出来事を思い出して詠んだ歌。

  • 家にありし櫃に鑠さし蔵めてし 恋の奴のつかみかかりて

官歴[編集]

六国史』による。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『続日本紀』霊亀元年7月27日条
  2. ^ 『続日本紀』慶雲2年5月7日条
  3. ^ 『万葉集』巻16-3833
  4. ^ 『万葉集』巻4-694

参考文献[編集]