久我清通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
久我清通
時代 室町時代前期 - 中期
生誕 明徳4年(1393年
死没 享徳2年9月5日1453年10月7日
別名 後久世(号)
官位 従一位太政大臣
主君 称光天皇後花園天皇
氏族 久我家
父母 父:久我通宣
兄弟 清通、守遍、隆雅
通博
テンプレートを表示

久我 清通(こが きよみち)は、室町時代前期から中期にかけての公卿権大納言久我通宣の子。官位従一位太政大臣

嘉吉元年(1441年)11月2日に嘉吉の乱足利義教が暗殺された混乱に乗じて源氏長者の地位を申請して任ぜられる。だが没後に足利義政が再び源氏長者に任じられたため、源氏長者の地位は再び足利将軍家に戻った。

経歴[編集]

明徳4年(1393年)、誕生。永享元年(1429年)、内大臣(1429年 - 1432年)となる。

嘉吉2年(1442年1月5日 叙従一位。享徳元年(1452年太政大臣(1452年 - 1453年)となる。

享徳2年(1453年)、薨去。