徳大寺公有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

徳大寺 公有(とくだいじ きんあり、応永29年2月5日1422年2月26日) - 文明18年1月26日1486年3月2日))は、室町時代公卿称光天皇(101代)・後花園天皇(102代)・後土御門天皇(103代)の三帝にわたり仕え、官位は従一位右大臣まで昇る。は後野宮。父は権大納言徳大寺実盛。母は右兵衛督持明院基親の娘。子に太政大臣徳大寺実淳空覚興福寺別当)。娘に右大臣三条公敦室、細川教春室、権中納言烏丸益光室などがいる。

応永31年(1424年)に叙爵。左近衛少将讃岐権介左近衛中将相模権介を経て、永享9年(1437年)に参議となり、公卿に列する。その後、近江権介権中納言を経て、文安3年(1446年)には権大納言に就任した。文安5年(1448年)に造営上卿となり、享徳3年(1454年)には左近衛大将左馬寮御監に任じられる。寛正元年(1460年内大臣拝命、同年左近衛大将を辞し、寛正2年(1461年)には右大臣に任じられた。寛正5年(1464年)に右大臣を辞す。文正元年(1466年従一位に進み、文明4年(1472年)51歳で出家して引退した。

関連項目[編集]