後花園天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
後花園天皇
伝後花園天皇像[注釈 1]大應寺蔵)

即位礼 1430年1月21日永享元年12月27日
大嘗祭 1430年12月3日(永享2年11月18日
元号 正長
永享
嘉吉
文安
宝徳
享徳
康正
長禄
寛正
摂政 二条持基一条兼良 → 二条持基
関白 二条持基 → 近衛房嗣 → 一条兼良 →
二条持通鷹司房平 → 二条持通 →
一条教房 → 二条持通
先代 称光天皇
次代 後土御門天皇

誕生 1419年7月10日応永26年6月18日
庭田重有
崩御 1471年1月18日文明2年12月27日)卯刻
室町第泉殿
大喪儀 1471年1月23日(文明3年1月3日
陵所 後山国陵、般舟院陵(分骨所)
追号 後花園院
(後花園天皇)
1471年3月10日文明3年2月19日)追号勅定
彦仁
別称 円満智(法名)
元服 1433年1月24日永享5年1月3日
父親 養父:後小松天皇
実父:伏見宮貞成親王(後崇光院)
母親 庭田幸子(敷政門院)
子女 観心女王
成仁親王(後土御門天皇) 他
皇居 土御門高倉殿
京都御所
一条東洞院殿
親署 後花園天皇の親署
テンプレートを表示

後花園天皇(ごはなぞのてんのう、1419年7月10日応永26年6月18日〉- 1471年1月18日文明2年12月27日[1])は、日本の第102代天皇(在位:1428年9月7日正長元年7月28日〉- 1464年8月21日寛正5年7月19日〉)。彦仁(ひこひと)。

本来は皇統を継ぐ立場にはなかったが、傍系で三従兄弟[注釈 2]にあたる称光天皇が嗣子を残さず崩御したため、皇位を継いだ。先帝とは8親等以上離れた続柄での皇位継承は53代(称徳天皇光仁天皇)以来658年ぶりであり、かつ南北朝合一時の「明徳の和約」(皇位は両統迭立とする)にも反するため、旧南朝勢力の激しい反発を招き、以後、約60年にわたって南朝復興運動(いわゆる「後南朝」)が繰り広げられる引き金になった。

生涯[編集]

応永26年(1419年)6月18日貞成親王の第一王子として生まれた。

応永29年(1422年)以降、先代の称光天皇は幾度か危篤状態に陥るなど病弱で皇子がなく、称光の同母弟で皇儲に擬せられていた小川宮も応永32年(1425年)に早世したため、その父で院政を敷いていた後小松上皇は、早急に皇嗣を決定する必要に迫られた。

正長元年(1428年)、称光天皇が危篤に陥ると、両統迭立を要求する後南朝勢力がにわかに活動の気配を見せたため、室町幕府将軍に就任することになっていた足利義宣(後の足利義教)は伏見御所にいた彦仁王を保護し、後小松上皇に新帝指名を求めた。

同年7月20日、称光天皇が崩御すると、彦仁王は後小松上皇の猶子となって親王宣下のないまま、7月28日践祚し、永享元年(1429年12月27日即位した。天皇の即位は、崇光天皇以来、皇統の正嫡に帰ることを念願していた伏見宮にとってはめでたいことであり[注釈 3]、父の貞成親王もこれを「神慮」として喜んだ。

永享6年には清原業忠を侍講に、『孝経』『論語』『孟子』を学び、3月24日には貞成親王より『誡太子書』を献上されている。『誡太子書』とは、かつて花園上皇が後花園の高祖父にあたる皇太子量仁親王(光厳天皇)のために著した訓戒書であり、南北朝の動乱の中でも光厳が他多くの記録類とともに崇光皇統(伏見宮)に守り伝えたものであった。後花園天皇がこれまでの室町時代の天皇と異なるのは、豊富な記録類を保有する崇光皇統(伏見宮)を背後に置けたことであった[2]

即位して以降も後小松上皇による院政は継続されたが、永享5年(1433年)10月に上皇が崩御した後は30年余りにわたって親政を行った。この間、永享11年(1439年)6月には勅撰和歌集二十一代集)の最後に当たる『新続古今和歌集』が成立。

天皇の治世、各地で土一揆が起こり、永享の乱(永享10年、1438年)、嘉吉の乱(嘉吉元年、1441年)などでは治罰綸旨を発給するなどの政治的役割も担って、朝廷権威の高揚を図った[3]。永享の乱での治罰綸旨の発給は、足利義満の代より廃絶していた朝敵制度が60年ぶりに復活したものであった[3]。以後、天皇の政治的権威は上昇し、幕府が大小の反乱鎮圧に際して綸旨を奏請したため、皇権の復活にもつながっていった[3]

嘉吉3年(1443年)9月、後南朝勢力が土御門内裏に夜襲をかけ放火し、後花園天皇は左大臣近衛房嗣邸に逃れるが、三種の神器の一部を奪われた(禁闕の変)。奪われた神器のうち、剣は清水寺で発見されるが、神璽(曲玉)は持ち去られた。

文安元年(1444年)2月、同母弟の伏見宮貞常親王に親王宣下を行い、文安4年(1447年)11月に父の貞成親王に太上天皇の尊号を奉っている。享徳4年(1455年)1月、後二条天皇の五世の孫にあたる木寺宮邦康王に親王宣下を行った。

長禄元年(1457年)12月、嘉吉の乱で没落した赤松氏の遺臣らが後南朝の行宮を襲って神璽を奪還し(長禄の変)、長禄2年(1458年)8月には朝廷へ返還された。ここに全ての神器が天皇の手中に帰することになる。ちなみに、神璽の不在は15年近くに及んだものの、二条良基の「三種の神器は天下のどこかにあれば問題ない」という言説や、一条兼良の「神鏡には宝剣と神璽が包摂される」という言説、さらに後光厳天皇以降三種の神器の不在が続いたという事実もあって、神器の不在での支障はほとんどなかったという[4]

寛正2年(1461年)4月、亀山天皇の五世の孫にあたる常盤井宮全明王に親王宣下を行った。寛正3年(1462年)10月皇子の成仁親王に天皇としての心得を説いた『後花園院御消息』を与えている。

寛正5年(1464年7月19日、成仁親王(後土御門天皇)へ譲位して上皇となり、左大臣足利義政を院執事として院政を敷いた。

応仁元年(1467年)、京都で応仁の乱が勃発した際、東軍細川勝元から西軍治罰の綸旨の発給を要請されたが、上記とは異なり上皇はこれを拒否した。兵火を避けて天皇とともに室町第へ移るも、同年9月20日出家法名円満智と号した。上皇の出家は、かつて自ら発給した畠山政長に対する治罰綸旨が乱の発端になったことから自責の念に駆られ、不徳を悟ったからだとされている[3]。この出家は義政の無責任さに対して帝王不徳の責を引いた挙として、世間から称賛を浴びた[3]

文明2年(1470年12月27日中風のため室町第で崩御した。宝算53。実の弟である伏見宮貞常親王は、『山賤記』に後花園の崩御について次のように記している。

五十余り二歳の御齢、未だ御行末も遥かなる御事の、思ひあへず雲隠れ給へば、君も臣もただあきれまどへるばかりなり。(五十二歳の御年齢、まだまだ未来があるはずなのに思い通りにならずお亡くなりになったので、君臣共に驚き戸惑うばかりである[5]


文明3年(1471年1月2日高辻継長の勘申によって後文徳院後花園院の案が提出され、諸卿の意見により後文徳院追号されたが、漢風諡号文徳天皇)に「後」字を加えた追号(加後号)は先例がないとする太閤一条兼良の意見があり、諸卿からの意見を再勘案した上で、2月19日後花園院と改められた[注釈 4]

人物[編集]

  • 後花園天皇は足利義満の皇位簒奪未遂以降[注釈 5]、皇権を回復した「中興の英主」として極めて重要な人物であると評されている[3]
  • 秦野によれば、後花園天皇はが嫌いだったという[8]
  • 天皇は詩歌管弦に堪能で、『新続古今集』に12首、『新撰菟玖波集』に11句が入集したほか、歌集『後花園院御製』がある。日記に『後花園院御記』。闘鶏猿楽・松はやしなどを好み、また学問にも秀でた。
  • 寛正2年(1461年)春、天皇が長禄・寛正の飢饉の最中に御所改築など奢侈に明け暮れる将軍・足利義政に対して、漢詩を以って諷諫したというエピソードは著名である(『長禄寛正記』)[注釈 6]。もっとも、このエピソードは『新撰長禄寛正記』に記されたもので、真否は定かでない。また、義政の造営事業は飢餓対策の公共事業だったという見解もあり、実際義政は迅速に飢餓対策を実行していた。仮にこのエピソードが本当であったとしたら、後花園の諫言は全く的外れだったことになってしまう[10]
  • 義政とは蹴鞠を通じて親交があり、崩御の際には同じ室町第にいたという事情もあったが、足利義政・日野富子夫妻がその最期を看取り、義政は戦乱中の外出に反対する細川勝元を押し切って葬儀から四十九日の法要まで全てに参列している[11]

崇光院流皇統か後光厳院流皇統か[編集]

後花園天皇は崇光院流皇統(伏見宮)の出身であるが、後花園天皇は後光厳院流皇統にあたるという見解がある[12]。というのも、後花園天皇は後小松上皇光範門院の猶子として即位し、後花園天皇自身もその立場を遵守したからである。実例としては次のようなものが挙げられる。

  • 実父である伏見宮貞成親王の尊号宣下の際、貞成を「傍親」(おそらく兄)とする詔書を、後花園天皇自ら採用した[13]
  • 後小松上皇の葬礼で後花園天皇は父に対する諒闇を行い光範門院の際も母に対する諒闇を実施しているが、貞成親王(後崇光院)の際には兄に対するものとして葬礼を行い、庭田幸子に対しては諒闇を行わなかった。
  • 崇光院流皇統の楽器である琵琶(持明院統の正嫡のみが習得する)ではなく、後光厳院流皇統の楽器であるを習得した[14]
  • 本朝皇胤紹運録』に、後小松天皇の皇子として記載されている[15]
  • その後も後光厳院流皇統の葬儀場である泉涌寺が使用された。

もっとも、後花園天皇は崇光皇統(伏見宮)との関係を断ち切ったわけではなかった[16]。実例は以下のものが挙げられる。

  • 庭田幸子を実母として院号宣下した[17]
  • 貞成に対し、兄弟の例としながらも錫紵(実の親に対する天皇の喪服)を着用する新儀を行った[18]
  • 伏見宮家を優遇し[注釈 7]、伏見宮家の永世の存続を約束した[20][21]

また、後花園の皇子後土御門は崇光皇統を意識し伏見殿を般舟三昧院に改めて、こちらも近世まで御寺とされてきた。皇統の崇光院流皇統と後光厳院流皇統との二面性は、後花園以降も継続していくこととなる。
このように、後花園天皇が後光厳院流皇統の後継者として振る舞いつつ伏見宮を優遇したのは、後小松の遺詔(後光厳院流皇統の継続を命じた)と足利義教の政治路線(貞成を後花園の実父として扱った)の間で、後花園が後光厳院流皇統の存続と崇光院流皇統の温存を遂げるためであった可能性が指摘されている[16]

系譜[編集]

後花園天皇の系譜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
16. 北朝初代 光厳天皇
 
 
 
 
 
 
 
8. 北朝3代 崇光天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
17. 正親町三条秀子
 
 
 
 
 
 
 
4. 伏見宮栄仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
18. 庭田重資
 
 
 
 
 
 
 
9. 庭田資子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2. 伏見宮貞成親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20. 正親町三条実仲
 
 
 
 
 
 
 
10. 正親町三条実治
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5. 正親町三条治子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1. 第102代 後花園天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
24. 綾小路茂賢
 
 
 
 
 
 
 
12. 庭田重資
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6. 庭田経有
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3. 庭田幸子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
28. 飛鳥井雅孝
 
 
 
 
 
 
 
14. 飛鳥井雅冬
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7. 飛鳥井雅冬の娘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
88 後嵯峨天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宗尊親王
鎌倉将軍6)
 
持明院統
89 後深草天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大覚寺統
90 亀山天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
惟康親王
(鎌倉将軍7)
 
92 伏見天皇
 
 
 
 
 
久明親王
(鎌倉将軍8)
 
91 後宇多天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
93 後伏見天皇
 
95 花園天皇
 
守邦親王
(鎌倉将軍9)
 
94 後二条天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直仁親王
 
 
 
 
 
邦良親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
康仁親王
木寺宮家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
持明院統
北朝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大覚寺統
南朝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
96 後醍醐天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光厳天皇 北1
 
光明天皇 北2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
97 後村上天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
崇光天皇 北3
 
 
 
 
 
後光厳天皇 北4
 
 
 
 
98 長慶天皇
 
99 後亀山天皇
 
惟成親王
護聖院宮家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(伏見宮)栄仁親王
(初代伏見宮)
 
 
 
 
 
後円融天皇 北5
 
 
 
 
(不詳)
玉川宮家
 
小倉宮恒敦
小倉宮家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(伏見宮)貞成親王
(後崇光院)
 
 
 
 
 
100 後小松天皇 北6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
貞常親王
伏見宮家
 
101 称光天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
102 後花園天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
103 後土御門天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
104 後柏原天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
105 後奈良天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
106 正親町天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
誠仁親王
(陽光院)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
107 後陽成天皇
 
良恕法親王
 
八条宮(桂宮)
智仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
智忠親王
 
広幡忠幸
広幡家始祖)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

后妃・皇子女[編集]

伏見宮貞成親王(後崇光院。崇光天皇の孫)の第一王子。母は庭田経有の女の庭田幸子(敷政門院)。践祚前の正長元年7月17日1428年8月27日)に後小松天皇猶子となる。伏見宮家は持明院統の嫡流にあたる。

御製[編集]

  • 思へただ空にひとつの日の本に又たぐひなく生まれ来し身を(後花園院御集)
  • 賎民争採首陽薇 處々閉盧鎖竹扉 詩與吟酸春二月 満城紅緑為誰肥(『天地根本歴代図』)

在位中の元号[編集]

陵・霊廟[編集]

(みささぎ)は、宮内庁により京都府京都市右京区京北井戸町の常照皇寺内にある後山國陵(後山国陵:のちのやまくにのみささぎ)に治定されている。宮内庁上の形式は石造宝篋印塔。光厳天皇陵と同域に所在する。

文明3年(1471年1月3日に悲田院にて火葬して埋骨し、翌月、天皇の遺詔によって常照皇寺の光厳天皇陵の傍に移した。幕末修陵の際に光厳天皇陵と併せて「山国陵」と称したが、明治2年(1869年)現陵号に改定。なお、分骨所が京都市上京区般舟院前町の般舟院陵(はんしゅういんのみささぎ)、火葬塚が上京区扇町の大應寺境内にある。この火葬塚は、京都府内における近世以前の皇室の陵墓・火葬塚の中で、学術上最も確実なものの1つであるといわれる。

また皇居では、皇霊殿宮中三殿の1つ)において他の歴代天皇・皇族とともに天皇の霊が祀られている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 実際は後円融天皇像であるとの臆説もある。
  2. ^ 三従兄弟姉妹とは、曾祖父母の兄弟姉妹の曽孫。
  3. ^ 北朝の祖であり、持明院統の正嫡であった光厳法皇は、南朝の拉致による崇光天皇の皇太弟直仁親王の出家に伴って、改めて崇光上皇を持明院統の正嫡として定めたが、三上皇及び直仁親王幽閉中に急遽即位しかつ皇位の正当性に欠けていた弟の後光厳天皇が、崇光の要求も顧みずに皇子の後円融天皇に皇位継承させ、以後崇光上皇の子孫である伏見宮家は零落を強いられたため。
  4. ^ これに関し秦野は、後花園の最側近であった甘露寺親長が徹頭徹尾「後花園院」を推していたことや、高倉継長が当初不適切な「後文徳院」とともに「後花園院」を提出したことから、「後花園院」という追号には後花園自身の意志が表れていると推測している。また、学問に秀でた「花園院」の加後号にすることで、「知性と教養」というメタファーを込めたのだともしている[6]
  5. ^ 今日の研究では、義満による皇位簒奪説は概ね否定されている[7]
  6. ^ 詩文:残民争採首陽薇 処々閉廬鎖竹扉 詩興吟酸春二月 満城紅緑為誰肥(生存者は首陽山でワラビを求めた伯夷・叔斉のように飢えて、食べられるものを争い採っている 至る所で飯櫃を閉ざし、扉も閉ざしている 春の二月だというのに、詩を吟じるにも痛ましい 都の花や草木は誰のために育っているのだろうか)[9]
  7. ^ 後花園は、「後花園院御消息」にて、後土御門に対し伏見宮を尊ぶようにという教訓を残している[19]

出典[編集]

  1. ^ 後花園天皇』 - コトバンク
  2. ^ 秦野 2020, pp. 180, 181.
  3. ^ a b c d e f 「後花園天皇」『朝日日本歴史人物事典』
  4. ^ 渡邉 2019, pp. 169–171, 178.
  5. ^ 秦野 2020, p. 293.
  6. ^ 秦野 2020, pp. 298, 299.
  7. ^ 秦野 2020, p. 79.
  8. ^ 秦野 2020, p. 167.
  9. ^ 原文出典 国文学研究資料館
  10. ^ 秦野 2020, pp. 17, 18.
  11. ^ 石原比位呂「義政期の将軍家と天皇家」『室町時代の将軍家と天皇家』(勉誠出版、2015年) ISBN 978-4-585-22129-6
  12. ^ 秦野 2020, p. 152.
  13. ^ 田村 2018, p. 4(1672).
  14. ^ 豊永聡美『中世の天皇と音楽』2006,吉川弘文館,pp.136-138,148
  15. ^ 村田 1971, p. 336.
  16. ^ a b 田村 2018, p. 15(1683).
  17. ^ 田村 2018, p. 2-3(1670)-(1671).
  18. ^ 田村 2018, p. 5(1673).
  19. ^ 田村 2018, p. 14(1682).
  20. ^ 『貞常親王御記』康正2年10月条
  21. ^ 田村 2018, p. 13(1681).

参考文献[編集]

  • 石原比位呂「義政期の将軍家と天皇家」『室町時代の将軍家と天皇家』(勉誠出版、2015年) ISBN 978-4-585-22129-6
  • 秦野裕介 『乱世の天皇―観応の擾乱から応仁の乱まで』東京堂出版、2020年。 
  • 渡邉大門 『奪われた「三種の神器」―皇位継承の中世史』草思社、2019年。 
  • 田村航「伏見宮貞成親王の尊号宣下」『『史学雑誌』(127編11号)』2018年。
  • 村田正志 『南北朝史論』中央公論社、1971年。 

関連項目[編集]