安康天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安康天皇

在位期間
允恭天皇42年12月14日 - 安康天皇3年8月9日
時代 古墳時代
先代 允恭天皇
次代 雄略天皇

陵所 菅原伏見西陵
漢風諡号 安康天皇
和風諡号 穴穂天皇
穴穂
父親 允恭天皇
母親 忍坂大中姫
皇居 石上穴穂宮
テンプレートを表示

安康天皇(あんこうてんのう、履中天皇2年? - 安康天皇3年8月9日)は、日本の第20代天皇(在位:允恭天皇42年12月14日 - 安康天皇3年8月9日)。

略歴[編集]

允恭天皇の第三皇子。母は稚渟毛二派皇子の女・忍坂大中姫(おしさかのおおなかつひめ)であり雄略天皇の同母兄である。同母妹との近親相姦により支持を失っていた兄太子木梨軽皇子に替わって即位。石上穴穂宮に都を遷す。即位元年、根使主の報告を信じて伯父(仁徳天皇皇子)の大草香皇子を誅殺。即位2年、そのであった中蒂姫を皇后に立てた。即位3年8月9日、天皇は皇后の連れ子である僅か7歳の眉輪王暗殺された。

その後、弟の大泊瀬皇子眉輪王を含めた多くの皇族を殺して後を継いだ。雄略天皇である。根使主の報告が讒言だと発覚したのは雄略天皇14年のことであった。根使主は抵抗したが誅殺された。しかし讒言をやすやすと信じてしまった安康天皇の過ちもあり、根使主の子孫が根絶やしにされることはなかった。

[編集]

  • 穴穂天皇(あなほのすめらみこと) - 『日本書紀』、和風諡号
  • 穴穂皇子(あなほのみこ) - 『日本書紀
  • 穴穗御子(あなほのみこ) - 『古事記

漢風諡号である「安康天皇」は、代々の天皇と同様、奈良時代に淡海三船によって撰進された。

事績[編集]

即位[編集]

允恭天皇42年1月に允恭天皇が崩御する。皇太子の木梨軽皇子には近親相姦前科が有ったために群臣は皆従わず、同母弟の穴穂皇子の側に付いた。軽皇子は穴穂皇子を討ち殺そうとして兵を集めるが、群臣が離反していく不利な現況を悲嘆して、物部大前宿禰(もののべのおおまえのすくね)の家に潜んだ。穴穂皇子が率いる兵に包囲され、大前宿禰の計らいで戦は避けられたが、軽皇子は自裁した(なお、『古事記』では伊余湯流罪となったと記される)。こうして、穴穂皇子は12月に践祚した。

根使主の讒言[編集]

即位元年、天皇は弟の大泊瀬皇子のために嫁を迎えてやろうと、根使主を伯父の大草香皇子仁徳天皇皇子)へ遣わした。大草香皇子は妹の草香幡梭姫皇女大泊瀬皇子の妻に差し出してくれないかという伝えを聞き、心から喜び感謝した。そして四回も頭を下げながら天皇の言葉に従うことを誓ったのだった。さらに天皇の使者に言葉だけを返すのは無礼だとすら考え、根使主に宝石と金で飾った冠を持たせて帰した。しかし宝のあまりの美しさに目がくらんだ根使主は宝を盗んだうえで「大草香皇子は縁談を断ったうえ、刀を抜き怒った」という讒言を行った。これを信じた天皇は大草香皇子を誅殺し、翌年にそのであった中蒂姫を皇后としてしまった。

眉輪王の復讐[編集]

即位3年、天皇は神殿で皇后に悩みを打ち明けた。それは皇后と大草香皇子の子、すなわち皇后の連れ子である眉輪王が成長し、父親を殺したのが自分だと知って復讐心を起こさないかということだった。実はそのとき、床下に当の眉輪王が入って遊んでいた。当時7歳。真実を知った眉輪王は復讐を決意した。まだ幼い眉輪王8月9日、天皇が寝入った隙を見計らって神床に侵入。そばに置いてあった太刀を使って天皇の首を切り落としてしまった。『古事記』『旧事紀』に享年56、『帝王編年記』に享年54と伝えられる。天皇が暗殺された例は、他には崇峻天皇しかない。皇太子を指名することなく崩御したが、従兄弟の市辺押磐皇子履中天皇の皇子)を皇位継承者に立てる腹積もりであったとされる。しかし実際には天皇の弟の大泊瀬皇子市辺押磐皇子を殺して帝位に就いた(雄略天皇)。

系譜[編集]

 
 
 
 
 
 
豊城入彦命
 
毛野氏族]
 
 
 
 
 
10 崇神天皇
 
 
11 垂仁天皇
 
12 景行天皇
 
日本武尊
 
14 仲哀天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
倭姫命
 
 
13 成務天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 彦坐王
 
丹波道主命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 山代之大
筒木真若王
 
迦邇米雷王
 
 息長宿禰王
 
神功皇后
(仲哀皇后)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
15 応神天皇
 
16 仁徳天皇
 
17 履中天皇
 
市辺押磐皇子
 
飯豊青皇女
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
18 反正天皇
 
 
 
 
 
 
24 仁賢天皇
 
手白香皇女
(継体皇后)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
菟道稚郎子皇子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
23 顕宗天皇
 
 
25 武烈天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
19 允恭天皇
 
木梨軽皇子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20 安康天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
21 雄略天皇
 
22 清寧天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
春日大娘皇女
(仁賢皇后)
 
 
 
 
 
 
 
 
稚野毛
二派皇子
 
 意富富杼王
 
 乎非王
 
彦主人王
 
26 継体天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忍坂大中姫
(允恭皇后)
 
 


后妃・皇子女[編集]

允恭天皇の第三皇子。母は忍坂大中姫雄略天皇の同母兄。

年譜[編集]

『日本書紀』の伝えるところによれば、以下のとおりである[1]。『日本書紀』に記述される在位を機械的に西暦に置き換えた年代については「上古天皇の在位年と西暦対照表の一覧」を参照。

  • 履中天皇2年
    • 誕生
  • 允恭天皇42年
    • 兄の木梨軽皇子が廃太子され自害、伊予に流されたとも言われる
    • 12月、即位。石上穴穂宮に遷都
  • 安康天皇元年
  • 安康天皇2年
  • 安康天皇3年
  • 雄略天皇3年
    • 菅原伏見陵に葬られる
  • 雄略天皇14年

皇居[編集]

宮(皇居)の名称は、『日本書紀』では石上穴穂宮(いそのかみのあなほのみや)。伝承地は現在の奈良県天理市田町、同市田部、橿原市石原田町の3説がある。

陵・霊廟[編集]

安康天皇 菅原伏見西陵
奈良県奈良市

(みささぎ)の名は菅原伏見西陵(すがわらのふしみのにしのみささぎ)。宮内庁により奈良県奈良市宝来4丁目にある宝来城跡に治定されている。「古城1号墳」とも称されるが、古墳ではなく中世の城跡とする見方が強い。近年の調査結果でも古墳時代の遺物は発見されていない。城跡としては堀をめぐらした方形館の東側に馬出を付けた中世平城である。宮内庁上の形式は方丘

なお、南東には垂仁天皇陵に治定されている菅原伏見東陵(宝来山古墳)が所在する。垂仁天皇陵の飛地い号に治定されている遺跡名「兵庫山古墳」[2](奈良市宝来町字堂垣内:位置)は安康天皇陵に考定する説が元禄期以後に散見される[2]。直径約40メートルを測る大型円墳である[2]。宝来山古墳の北西約200メートル[2]平城京三条大路上に位置し、大路を歪めてでも残された古墳ということになる。

また皇居では、皇霊殿宮中三殿の1つ)において他の歴代天皇・皇族とともに天皇の霊が祀られている。

考証[編集]

倭の五王[編集]

中国の『宋書』・『梁書』に記される「倭の五王」中の倭王興に比定されている。

近親相姦説[編集]

兄である木梨軽皇子には近親相姦疑惑があったとされているが、安康天皇も近親相姦をしていたのではないかという説がある。これは、『古事記』では大草香皇子を殺した後に妻にした皇后が、同母姉であるはずの長田大娘皇女とされており、木梨軽皇子と軽大娘皇女の逸話からして禁止されていると推測されている同母の兄弟姉妹婚に当たるためである。『日本書紀』の雄略紀では安康天皇の妻は履中天皇の皇女である中磯皇女とし、亦の名は長田大娘皇女と註を付けている。ただし、本件が記紀の誤述から生じた謬説であることは次のように、少なくとも徳川時代にはすでに知られていた。「長田ノ大郎女は、書紀雄畧ノ巻に、去來穂別ノ天皇(履中天皇)ノ女(みむすめ)中蒂姫ノ皇女更名ハ長田ノ大娘皇女ト曰也。大鷦鷯ノ天皇ノ子ノ大草香ノ皇子長田ノ皇女ニ娶テ眉輪ノ王ヲ生也。云〻とある女王にて、履中ノ巻に、次ノ妃幡梭ノ皇女中磯ノ皇女ヲ生とある是なり(中蒂と中磯は同じ)。然るを此記(古事記)に履中天皇の御子には此ノ中磯ノ皇女は無くて、允恭天皇の御子に長田ノ大郎女あるは、履中天皇の御子の允恭天皇の御子に紛れたる傳ヘの誤なり(又書記に、允恭天皇の御子にも名形ノ大娘皇女あるは、かの同じ誤リの傳へを取り記されたるものにして、長田と名形と字を異て書れたれども、実はかの履中天皇の御子の長田ノ大娘皇女と一ツにぞありける)。允恭天皇の御子とするときは、天皇(安康)の御同母妹に坐スものを、いかでか后とは為賜はむ。」古事記傳 四十 ○十二

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本書紀(二)』岩波書店 ISBN 9784003000427
  2. ^ a b c d 今尾文昭 2014, pp. 79-85.

外部リンク[編集]