村田正志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

村田 正志(むらた まさし、1904年9月23日 - 2009年6月26日)は、日本南北朝史専攻の歴史学者。三重県出身。

生涯[編集]

1904年、父の任地茨城県下妻で生れた。1924年3月三重県富田中学校(現・三重県立四日市高等学校)卒業、同年4月國學院大學予科入学。1929年3月國學院大學史学科卒業、同年4月東京帝国大学史料編纂所嘱託として入所、史料編纂所では『大日本史料』第六編・第七編の編纂に従事した。1942年史料編纂官補、1951年に「南朝歴代天皇御事蹟の研究」によって國學院大學から文学博士学位を授与される[1]

1930年代に南北両朝の取扱について、史学界内外から圧力が起こり、『大日本史料』第六編二十九は、1939年以降から1951年まで刊行が中断された[2]。1939年3月、村田は当時の同史料編纂所所長龍粛の需めに応じて、「大日本史料第六編編纂体裁改変に関する私見」を提出し、史実に基づいて両朝を併立に取扱うことが具申された。第六編刊行の一時中断は村田の意見を尊重した結果であった。第六編の出版再開後も第六編室長としてその完成に尽力する。

1954年制度改正によって東京大学助教授1965年3月定年により退官。1966年4月国士舘大学文学部教授、1982年4月から1986年3月まで同大学客員教授。その間、1946年から1986年まで國學院大學文学部史学科兼任講師として古文書学を講じ、1955年から1966年まで東京薬科大学兼任講師を勤めた。

文化財専門調査会古文書部会長として古文書・古記録の保護に貢献され、その功によって勲三等瑞宝章授与。

2009年、肺炎により逝去、享年104[3]

弟に同じく日本史学者の村田正言がいる(1943年11月、常徳で戦死)。

著作[編集]

  • 『南北朝史論』(中央公論社、1971年) ほか
  • 『南北朝論 史実と思想』(至文堂日本歴史新書、1959年)
  • 日本歴史全集8 南北朝と室町』(講談社、1969年)
  • 『村田正志著作集』全7巻(思文閣出版、1983~86年)
  1. 増補 南北朝史論 ISBN 4-7842-0343-5
  2. 南北朝史論 続 ISBN 4-7842-0344-3
  3. 続々南北朝史論 ISBN 4-7842-0345-1
  4. 証註椿葉記 ISBN 4-7842-0346-X
  5. 国史学論説 ISBN 4-7842-0347-8
  6. 古文書研究 ISBN 4-7842-0395-8
  7. 風塵録 ISBN 4-7842-0434-2

なお、史料編纂所の編纂業務および史学界の活動については自ら、「国史学界の今昔 南北朝時代史の研究と懐旧談」上、下(吉川弘文館日本歴史』1996年1月号 No.536 p13~p29、同1996年2月号 No.537 p18~p40)で詳しく述べた。

編著[編集]

  • 『紙本墨書秋上家文書目録』(島根県教育委員会、1972年)
  • 『五条家文書』(続群書類従完成会、1975年)
  • 『古文書鑑 様式と筆蹟』(続群書類従完成会、1983年) ISBN 4-7971-0517-8
  • 『出雲国造家文書』(清文堂出版、1993年) ISBN 4-7924-0394-4
  • 『和訳花園天皇宸記』1~3(続群書類従完成会、1998年~2003年) 1 ISBN 4-7971-1551-3、2 ISBN 4-7971-1552-1、3 ISBN 4-7971-1553-X

参考文献[編集]

  • 吉川弘文館『日本歴史』2009年10月号 No.737 ISSN 0386-9164 学界消息・村田正志氏の訃(山本信吉) p140 

脚注[編集]

  1. ^ 書誌事項(CiNii Dissertations)”. 国立情報学研究所. 2017年11月27日閲覧。
  2. ^ 詳細は、『東京大学史料編纂所史史料集』(東京大学出版会、2002年復刻版) ISBN 4-13-092108-8 を参照。
  3. ^ 元国士舘大学教授(中世史)の村田正志さん死去朝日新聞、2009年6月27日付)

関連項目[編集]