宗尊親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宗尊親王
鎌倉幕府6代将軍
続柄 後嵯峨天皇第一皇子

身位 親王
出生 仁治3年11月22日1242年12月15日[1]
平安京
死去 文永11年8月1日1274年9月2日[1]
配偶者 近衛宰子
  堀川具教の娘
子女 惟康親王掄子女王、早田宮真覚、瑞子女王
父親 後嵯峨天皇[1]
母親 平棟子平棟基の娘)[1]
役職 一品征夷大将軍[1]中務[1]
テンプレートを表示

宗尊親王(むねたかしんのう)は、鎌倉幕府6代将軍(在任:1252年 - 1266年皇族で初めての征夷大将軍である。後嵯峨天皇の第一皇子。

生涯[編集]

5代将軍の藤原頼嗣が京に送還された後の建長4年(1252年)4月に11歳で鎌倉に迎えられ、異母弟の後深草天皇より征夷大将軍の宣下を受ける[2]

親王は後嵯峨天皇の事実上の長子[3]であり、父から寵愛されてその育ての親ともいえる承明門院の下で育てられ[4]寛元2年(1244年)には既に久仁親王(後の後深草天皇)が誕生していたにも関わらず親王宣下を受け[5]、同5年(1247年)には式乾門院の猶子とされる[6]。その翌年には式乾門院の姪である室町院とも猶子関係を結ぶ[5]。寛元7年(1249年)、式乾門院は後高倉院から継承した膨大な荘園群を姪の室町院に一期分として譲り、宗尊を未来領主に指定した。式乾門院・室町院にはその所領を継承させる子孫がおらず、2人が死去した場合にはその荘園は全て宗尊のものになる予定とされた[6]。更に後嵯峨天皇は宣陽門院に対しても親王を猶子として長講堂領を譲るように求めたが、それは拒否されている(最終的には両者の妥協として後深草天皇に譲られることになった)[5]。その一方で、母方の身分が低いために皇位継承の望みは絶望的であり、後嵯峨天皇は親王の将来を危惧していた(ただし、後深草天皇誕生以前は最も有力な皇位継承権者で、その後も万一の事態に備えて出家をさせずに置かれている[7])。また、当時の京都では後嵯峨天皇の即位を認めない順徳上皇系の人々(生母の修明門院や正妃であった東一条院、皇子である忠成王・善統親王)の動きがあり、彼らに対抗する意味でも複数の親王を必要とされていたとする説もある[8]。一方、将軍家と摂関家の両方を支配する九条道家(頼嗣の祖父・東一条院の実弟)による幕府政治への介入に危機感を抱いていた執権北条時頼も、九条家を政界から排除したいという考えを持っていた。ここにおいて天皇と時頼の思惑が一致したため、「皇族将軍」誕生の運びとなったのである。宗尊親王が鎌倉に下る際には近衛左中将藤原隆茂、式乾門院蔵人重房、左近大夫石川新兵衛源宗忠の3人の近侍が随行したとされている。

当時の幕府は既に北条氏による専制体制を整えていたため将軍には何ら権限は無かった。そのため和歌の創作に打ち込むようになり、歌会を何度も行った。その結果、鎌倉における武家を中心とする歌壇が隆盛を極め、後藤基政島津忠景ら御家人出身の有能な歌人が輩出された。鎌倉歌壇は『続古今集』の撰者の人選にも影響を及ぼし、親王自身も同集の最多入選歌人となっている。代表的な歌集に『柳葉和歌集』[1]、『瓊玉和歌集』[1]、『初心愚草』がある。

弘長3年(1263年)6月に宗尊親王が征夷大将軍として上洛することが発表され、8月9日には供奉する御家人の名簿と10月3日に鎌倉を出発する日程まで発表されていたが、25日は上洛が一転中止された。公式には災害を理由とするが、御家人の経済的負担の大きさが一番の理由とみられる。更に深読みをして前執権北条時頼の健康悪化(11月22日死去)や鎌倉にいた土御門顕方権大納言で後嵯峨院の外戚)が皇位継承の可能性が残されていた宗尊親王を唆して京都で政変を画策していたことが発覚したからだとする説まである[9]

文永2年(1265年)9月、一品親王に叙されて、中務卿に任命されている。これは、後深草上皇・亀山天皇と共に後嵯峨上皇を支える皇族として認識されていたことの反映とみられる[8]

25歳となった文永3年(1266年)6月(7月とも[1])、正室の近衛宰子と僧・良基の密通事件を口実に謀叛の嫌疑をかけられ、北条政村(執権)・時宗連署)らによる寄合で将軍の解任と京への送還が決定された[1]。この騒動で御家人たちが鎌倉に馳せ集まり、名越流北条氏北条教時が更迭に断固として反対し、時宗の制止を無視して武装した軍勢を率いて示威行動を行い、その軽率さを叱責された[10]。次の将軍は嗣子の惟康王が就いた。宗尊親王の送還を知った両親は親王の義絶を宣言するが(『五代帝王物語』)、それを知った幕府は11月に武藤景頼を派遣して後嵯峨上皇に取り成した上で、近衛宰子と娘の掄子女王を京都に送還し、親王の今後の生活のために所領5か所を献上するなど、これ以上罪を問うことはないことを明確にした[8]

文永9年(1272年)、二月騒動で側近の中御門実隆が拘束され、その直後に父の後嵯峨法皇の崩御に伴うためとして出家した[1]。法名は覚恵[1]、または行証(行勝)[1]

文永11年(1274年8月1日、33歳で死去[1]

宗尊親王真跡とされるもの[編集]

  • 有栖川切
  • 催馬楽切
  • 古今集切
  • 神楽歌切

などがあり、これ以外にも宗尊親王真跡とされるものは数多くあるが、その多くは、親王が愛玩あるいは愛好した平安時代の名筆と思われるものが多く含まれ、宗尊親王真跡であるか不明であるものが多いとされる。しかし名筆家であるという評価は揺るがない。

官歴[編集]

※日付=旧暦

  • 寛元2年(1244年) 1月28日:立親王。
  • 建長4年(1252年) 1月8日:元服。三品に叙せらる。4月1日:征夷大将軍宣下。
  • 文永2年(1265年) 9月17日:一品に昇叙し、中務卿に任官。
  • 文永3年(1266年) 7月20日:征夷大将軍辞職。

将軍在職時の執権[編集]

烏帽子子の北条時宗が執権(8代執権)となったのは宗尊親王が将軍職を辞して2年後の文永5年(1268年)である。

系譜[編集]

偏諱を与えた人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 安田 1990, p. 608, 田村憲美「宗尊親王」
  2. ^ 但し、当然ながら弟である後深草天皇も10歳と若年であり、実際には院政を敷く父・後嵯峨天皇が政務を担当していた。また、宗尊親王は宝治元年(1247年正月に後深草天皇の猶子となっていたようである安田 1990, p. 608。
  3. ^ 宗尊親王の兄に円助法親王がいたが、邦仁王(後の後嵯峨天皇)が不遇な境遇のために正式な元服を行われていない状況下で誕生した子であり、将来的には僧侶にせざるを得なかった。
  4. ^ 『平戸記』寛元2年3月12日・同3年正月1日条。
  5. ^ a b c 白根陽子『女院領の中世的展開』(同成社、2018年) ISBN 978-4-88621-800-1 P118-120
  6. ^ a b 近藤成一『鎌倉時代政治構造の研究』(校倉書房、2016年) ISBN 978-4-7517-4650-9 P50-51
  7. ^ 佐伯智広「中世前期の政治構造と王家」『日本史研究』571号(2010年)/所収:佐伯『中世前期の政治構造と王家』(東京大学出版会、2015年) ISBN 978-4-13-026238-5
  8. ^ a b c 曽我部愛「〈宮家〉成立の諸前提」『中世王家の政治と構造』(同成社、2021年) ISBN 978-4-88621-879-7 P235-238.
  9. ^ 石井清文『鎌倉幕府連署制の研究』岩田書院、2020年、P453-465.
  10. ^ この教時の示威行動は後の二月騒動における教時の粛清にも繋がった。
  11. ^ 山野 2012ほか多数。『吾妻鏡康元2年(1257年)2月26日条に時宗が宗尊親王を烏帽子親として元服した記事が見える。
  12. ^ 山野 2012, p.182 脚注(27)より。義宗の子・久時久明親王、孫の守時守邦親王と、赤橋流北条氏の当主は代々、皇族将軍と烏帽子親子関係を結んでいた(山野、同前)。
  13. ^ 結城広綱の子。『続群書類従』の「結城系図」を見ると、宗重の付記に「宗尊親王賜諱字。」とある。

参考文献[編集]

  • 安田元久 編 『鎌倉・室町人名事典』(コンパクト)新人物往来社、1990年。 
  • 山野龍太郎 著「鎌倉期武士社会における烏帽子親子関係」、山本隆志 編 『日本中世政治文化論の射程』思文閣出版、2012年。 

関連作品[編集]

関連項目[編集]

  • 上杉重房 - 宗尊親王のお供として関東に下向した。