大炊御門信宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
大炊御門信宗
時代 室町時代
生誕 明徳2年/元中8年(1391年
死没 応仁2年1月26日1468年2月19日)?
別名 後瑞慶院(号)
官位 従一位内大臣太政大臣
主君 称光天皇後花園天皇
氏族 大炊御門家
父母 父:大炊御門宗氏
養子:信量信子藤原孝長の娘、後花園天皇下臈)
テンプレートを表示

大炊御門 信宗(おおいのみかど のぶむね)は、室町時代公卿

応永25年(1418年)1月従三位となり、公卿に列する。応永26年(1419年)3月陸奥権守を兼任。応永28年(1421年正三位中納言、応永32年(1425年従二位大納言に叙任される。永享元年(1429年)右近衛大将を兼ね、さらに左近衛大将に転じる。永享4年(1432年)1月正二位に昇り、8月内大臣に任じられたが、11月左大将を辞任し、翌年(1433年)10月内大臣を辞任した。嘉吉2年(1442年)1月従一位に昇叙。享徳2年(1453年)に出家したが、その後の消息は明らかでない。

後土御門天皇の養外祖父であることから、文明12年(1480年1月26日太政大臣追贈された。『宣胤卿記』によれば、当日は信宗の十三年忌に当たるという。