大妃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大妃
各種表記
ハングル 대비
漢字 大妃
英語 Daebi

大妃(テビ)は、朝鮮王朝において用いられた、先代の国王のキサキ(后または妃)で、現に在位している国王の母である女性の地位称号である。王大妃大王大妃と同じ意味で使われることもある。

日本の王家ではこれに相当する称号として皇太后太皇太后を用いている。また、1945年の敗戦以前は、宮家の当主が死去し、後継者が宮号を継承したとき、先代当主の妃を指して「○○宮大妃(たいひ)」と呼ぶことがあったが、朝鮮の大妃が国王から授与される正式な称号なのに対し、日本の大妃は単なる通称・新聞用語であり法的な根拠はいっさいない。

国王の母親であるため、国王が在位している間はほとんど存在していた。なかには国王に代わって実権を掌握した大妃もおり、睿宗の母后である貞熹王后明宗の母后である文定王后などが挙げられる。

関連項目[編集]