壺切御剣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

壺切御剣(つぼきりのみつるぎ/つぼきりのぎょけん)は、日本皇太子東宮)に相伝される太刀皇室経済法第7条に規定する皇位とともに伝わるべき由緒ある物(いわゆる御由緒物)であり、三種の神器宮中三殿とともにいわゆる御由緒物の中でも別格の扱いを受けている[1]。「壺切の御剣」「壺切太刀(つぼきりのたち)」とも。

現在は、皇太子徳仁親王に継承されている。

概要[編集]

壺切御剣は皇太子に相伝される護り刀で、代々の立太子の際に天皇から授けられてきたものである[2]。その始原は、寛平5年(893年)の敦仁親王(醍醐天皇)の立太子に際し、親王が宇多天皇から剣を賜ったことまで遡る(『西宮記』)[3]。それは元々藤原氏の剣であったと見られ[4]、藤原氏出身の皇太子の地位安定化のために、皇位を象徴する草薙剣を模倣し創設されたと推測される[3]

御剣は、天皇から皇太子に代々授けられたが、敦明親王(小一条院)の継承に際しては藤原道長が妨げたことが知られる[3]。その後、初代の御剣は平安時代後半の内裏の火災で焼失し、別の剣が充てられた(2代目)[5]。これも承久の乱1221年)に際し所在を失ったため、寛元元年(1243年)の久仁親王(後深草天皇)立太子に際して3代目が新鋳された[3]。しかし、正嘉2年(1258年)の恒仁親王(亀山天皇)立太子に際して勝光明院の宝蔵から2代目が見つかったため、3代目は廃され2代目が壺切御剣とされた[3]

以後現在まで継承され、近年においても平成3年(1991年2月23日皇太子徳仁親王の立太子に際して御剣の親授がなされている[6]

日本国憲法施行後における法体制では、皇室経済法第7条に規定する皇位とともに伝わるべき由緒ある物(いわゆる御由緒物)とされており、これにより相続税法第12条第1項第1号の非課税財産とされている[1]。また、御剣は、昭和天皇崩御の際に昭和天皇から明仁へ皇位とともに相続されていることから、民法上の所有者は皇位を持つ今上天皇であり、使用貸借契約に基づき皇太子が占有している状態である[1]。立太子の礼の際の授受は、民法上現物の授受であり、このときに契約の成立要件が満たされる形である。

関連する出来事[編集]

敦明親王の皇位辞退[編集]

長和3年(1014年)頃から三条天皇は眼病を患い政務に携わることが不可能となったため、当時内覧であった左大臣藤原道長は、天皇に敦成親王への譲位を求めるようになった。天皇はかたくなに拒んだが、この間に内裏の火災が相次いだため[7]、道長はこれを天皇の不徳であるとした。一ヶ月ほどの交渉の間に道長が折れ、次の東宮には三条天皇の第一皇子の敦明親王が立てられることとなった。

長和5年(1016年1月29日三条天皇は譲位し敦成親王践祚2月7日に即位:後一条天皇)。三条上皇は翌寛仁元年(1017年5月9日崩御した。その直後の8月4日に、敦明親王は道長に対し会談を求めた。8月6日に道長が東宮御所に赴くと、親王は東宮の地位を辞退する旨を打ち明けた。

道長は翻意するよう(形式的に)説得するが敦明親王の意思は固く、結果として後一条天皇の皇太弟である敦良親王(のちの後朱雀天皇)が新たに東宮として立てられることとなった。道長が敦明親王を東宮として認めなかった、あるいは認めたくなかったという実証として、壺切の存在が挙げられる。8月23日の敦良親王立太子式から2週間後、内裏から壺切が授けられたが、敦明親王立太子の際にはこれを授けることを拒み、ついに敦明親王は立太子から辞退までの1年半、壺切を受けることがなかったのである。敦明親王は皇位継承権を失い「小一条院」の尊号を受け、太上天皇に次ぐ扱いを受ける[8]

後三条天皇の即位[編集]

後朱雀天皇の御世、当時の関白である藤原頼通は、父道長に続いて外戚の地位を得るべく苦心したが徒労に終わり、そうこうしているうちに天皇は病を得て第一皇子で東宮であった親仁親王に譲位する(後冷泉天皇)。その際、新帝の東宮には親仁親王の皇太弟である尊仁親王をあてるよう頼通に告げる。尊仁親王の母は三条天皇の皇女禎子内親王であり、藤原氏を外祖父としない。

藤原氏を外祖父とせず、かつ新帝に皇子が生まれる可能性を考慮すれば、頼通にしてみれば賛成できるはずもなく、あからさまに不服の態度をしめしたという[9]。また、尊仁親王を東宮としたいという天皇の考えを察した頼通が先手を打ち、東宮のことはゆっくりと考えるべきであるとして時間稼ぎに走ろうとしたところ、藤原能信[10]が東宮のことは今すぐ決めるべきだと薦めて実現した[11]

結局のところ頼通、教通の努力も実を結ぶことがなく、後冷泉天皇は皇子はおろか皇女すら得ることなく病により崩御し、尊仁親王が後三条天皇として即位する。藤原氏外戚としない天皇は、宇多天皇以来実に170年ぶりになる。尊仁親王が東宮であった期間は23年間であったが、この間壺切は頼通が内裏に留め置いたため、東宮としてのシンボルを持たずに即位した天皇となる。

頼通の言い分では、この剣は藤原氏腹(つまり、藤原氏外戚とする)の東宮のものであるから、尊仁親王に持たせるつもりはないということである。天皇はならば壺切は不要であると述べ、即位の後にようやく献上された。

この話は大江匡房の『江談抄』に掲載された話で、匡房が後三条天皇のあつい信任を受け重用されたため、この話は信憑性が高いとされてきた。だが、明治24年(1891年)に松浦辰男が『江談抄』は匡房が語った話を聞いた藤原実兼がメモしたものを後日文章として起こしたもの(つまり、大江匡房本人の執筆ではない)で、匡房が語ったとされる元の話は「後三条院」ではなく「故三条院」(すなわち三条天皇あるいはその譲位で立てられた敦明親王[12])の故事であった可能性(「壷切御剣之事」(『史学会雑誌』19号、1891年6月))を指摘しており、実際のところは後三条天皇の話であったのかどうかは不明である。

関連する刀剣[編集]

関連する刀剣として坂上宝剣が挙げられる。坂上宝剣は壺切御剣と同じく後深草天皇を超えて亀山天皇に伝授されたことで、どちらも相似的なレガリア的な役割を深く担った。両刀が決定的に異なっているのは『公衡公記(昭訓門院御産愚記)』乾元二年五月九日と裏書に坂上宝剣がそこに彫られた文字まで克明に記録されたように、実物として存在する歴史的実在性に権威化の象徴であった。対して後三条天皇の頃に消失した壺切御剣は実検と復元、新造と発見という真偽を超えた対応で処遇され、象徴としてのモノとしてすでに儀礼化の中に位置する[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 宮内庁『御物調書』1989年、p. 1
  2. ^ 壺切太刀(古代史) & 2006年.
  3. ^ a b c d e 壺切太刀(国史).
  4. ^ 所有者は藤原長良藤原良房藤原基経など諸説がある。なお、俗に張良の剣とする伝承も存在する (壺切太刀(国史))
  5. ^ 稲田智宏 『三種の神器(学研M文庫)』 学研パブリッシング、2013年、p. 43。
  6. ^ 天皇皇后両陛下のご日程 平成3年(1月~3月)(宮内庁ホームページ)。
  7. ^ 三条天皇の目が不自由になる直前の2月9日登華殿より出火し、諸殿舎が消失。翌長和4年(1015年11月17日に、新造された内裏の東側から出火。
  8. ^ 敦明親王は道長の娘から生まれたわけではなかったため、仮に親王が即位した場合、外戚として権勢を得ることがかなわなかった。辞退により、親王はもはや道長にとって危険性がなくなったため、以後はその処遇に関しサービスに努めた。
  9. ^ 古事談』。
  10. ^ 頼通、教通とともに道長の子であるが、異母弟である。能信には彼なりの計算があったのであろう。ただし、彼は尊仁親王の即位を見ることなく治暦元年(1065年)に薨去してしまう。
  11. ^ 大鏡』。
  12. ^ 仮にこの話が「後三条院と関白」の話とすれば、関白=頼通となるが、「故三条院と関白」の話とすれば、実際には関白になっていないものの、「御堂関白」と呼ばれた道長の故事として考えられる。
  13. ^ 大阪大学古代中世文学研究会 編『皇統迭立と文学形成「第二部 中世の皇統迭立と文学形成 1院政期から中世への視界 坂上の宝剣と壺切―談話録に見る皇統・儀礼の古代と中世― 荒木 浩」』「六 坂上宝剣と壺切」和泉書院、2009年 P134~141

参考文献[編集]

関連項目[編集]