一条教房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
一条教房
時代 室町時代後期 - 戦国時代
生誕 応永30年(1423年
死没 文明12年10月5日1480年11月6日
戒名 妙華寺前博陸左相照岳
宗恵(法名)
墓所 高知県四万十市丸の内の奥御前谷
官位 従一位関白左大臣
主君 後花園天皇後土御門天皇
氏族 一条家土佐一条氏
父母 父:一条兼良
母:小林寺殿(中御門宣俊の娘)
兄弟 教房尋尊、桓澄、恵助 、冬良教賢、厳宝、良鎮、政尊、経子(鷹司政平室)、有俊室
正室:宣司殿冷泉為之の娘)
側室:中納言局(加久見宗孝の娘)
政房房家土居宗珊(一条家忠)、尊仁
養子(一条家継嗣):冬良 (実弟)
テンプレートを表示

一条 教房(いちじょう のりふさ)は、室町時代後期から戦国時代にかけての公卿摂政関白太政大臣一条兼良の長男[1]

経歴[編集]

永享10年(1438年)に元服一条家歴代当主の中では初めて足利将軍家からの偏諱の授与を受け、第6代将軍・足利義教から一字拝領し、教房と名乗る(弟の教賢(きょうけん、僧)も同様)。同時に正五位下に叙せられた。

翌永享11年(1439年)正三位・権中納言に叙任されて公卿に列す。文安元年(1444年権大納言享徳元年(1452年内大臣長禄元年(1457年左大臣を経て、長禄2年(1458年関白氏長者となる。寛正4年(1463年)に関白氏長者を辞す。

応仁元年(1467年応仁の乱が勃発すると、同年8月に弟の興福寺大乗院門主・尋尊を頼って、奈良に避難する。次いで、父の兼良も奈良に避難してきたため、応仁2年(1468年)9月に父に奈良の避難所を譲って教房は一条家領のあった土佐国幡多荘に下向し、四万十川下流の中村の館に住んだ[2]。教房は土佐国人に迎えられて生活の基盤を確保し、父の兼良の下向を勧誘したり、帰洛した父に対して土佐から邸宅を作るための木材を送ったりしている。また、教房とともに公家や武士、職人なども幡多荘に下向[3]したため、京都の文化が移入され、中村繁栄の基礎を築かれた。

文明12年(1480年)10月5日死去[4]。享年58[4]。妙華寺に埋葬される[4]。長男の政房は既に応仁の乱の中で戦死していたため、一条家の家督は40歳ほど年の離れた実弟の冬良が継いだ。一方で、次男・房家はそのまま土佐に土着して、この子孫(系統)が土佐一条氏となった。

墓所[編集]

官歴[編集]

『諸家伝』による。

系譜[編集]

系図纂要』による。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 上田正昭ほか監修 著、三省堂編修所 編 『コンサイス日本人名事典 第5版』三省堂、2009年、123頁。 
  2. ^ 別府頼雄 (1997年8月25日). “河野氏滅亡と周辺の武将たち (PDF)”. pp. 23-24. 2018年1月19日閲覧。 - 東温市立図書館
  3. ^ 『大乗院寺社雑事記』文明元年5月25日条
  4. ^ a b c 『中村市史 正編』202頁

参考文献[編集]

  • 正宗敦夫編『諸家伝』日本古典全集刊行会、1940年
  • 中村市史編纂室編『中村市史 正編』(1969年)

関連項目[編集]