一条兼定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
一条兼定
Ichijō Kanesada.jpg
一条兼定像(龍集寺像)
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文12年(1543年
死没 天正13年7月1日1585年7月27日
改名 万千代(幼名)→兼定→宗惟(法号)
官位 従三位左近衛少将、左近衛中将、権中納言
氏族 土佐一条氏
父母 父:一条房基、母:大友義鑑の娘
養父:一条房通
兄弟 兼定、女子(伊東義益室)、女子(安芸国虎室)
正室:宇都宮豊綱の娘
継室:ジュスタ (大友義鎮の長女)
内政按察使局
テンプレートを表示

一条 兼定(いちじょう かねさだ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての戦国大名公家土佐国司であり、キリシタンでもある。土佐一条氏の事実上の最後の当主。従三位一条房基の子。

生涯[編集]

天文12年(1543年一条房基の嫡男として生まれる。天文18年(1549年)父・房基が自殺したため7歳で家督を継いだ。このため、土佐一条氏出身で関白となっていた大叔父(兼定の祖父・一条房冬の弟)の一条房通が養父となって後見する。房通が亡くなった弘治2年(1556年)以後に元服、房通の跡を継いだ義兄の一条兼冬より偏諱(「兼」の字)を受けて兼定と名乗る。

永禄元年(1558年)に伊予国宇都宮豊綱の娘を娶るが、永禄7年(1564年)に離別して豊後国大友義鎮の長女を娶り大友氏と結んだ。また、伊予国の覇権をめぐって永禄11年(1568年)には豊綱を支援して伊予に進出するが、安芸国毛利氏の援兵を受けた河野氏と戦って大敗した(毛利氏の伊予出兵)。また、京都の一条家本家(当主は兼冬の弟・内基)とも次第に疎遠になってきていた。

この頃から土佐国において長宗我部元親が台頭すると、妹婿の安芸国虎と呼応してこれを討とうとしたが、永禄12年(1569年)に国虎が逆に元親に討たれた。その後は長宗我部氏によって領土を侵食され、また筆頭家老の土居宗珊を無実の罪で殺害したために信望を失い、他の三家老である羽生監物、為松若狭守、安並和泉守などの合議によって天正元年(1573年)9月に隠居を強制された。 一説には土居一族惨殺は、兼定の名を騙る吉良親貞の密偵の仕業とも。 三家老の合議もまた、長宗我部側の謀略に気づいた三家老が兼定を岳父である九州の大友氏の元へ逃がす策だとも。

なお、この際に本家より義弟の一条内基(兼冬の弟)が訪れ、兼定の嫡子・万千代(吉房子とも)の元服を執り行い1字を与えて内政と名乗らせている。

天正2年(1574年)2月に豊後臼杵へ追放されて大友氏を頼った。また、数ヶ月の後には、伊予高森城の城主、宇都宮氏旧臣でもある梶谷景則のもとに赴き、土佐国攻略のための兵を募っている。 兼定の追放を知り憤慨した加久見城主・加久見左衛門は平素から土佐一条氏老臣に反感を抱いていた大岐左京進、大塚八木右衛門、江口玄蕃、橋本和泉らと謀りに挙兵して中村を襲い老臣を討伐した。しかしこの混乱に乗じ、叛乱鎮定に名を借りた元親により中村を占領されることになった。

翌天正3年(1575年キリスト教入信し、宣教師ジョアン・カブラルから洗礼を受けた。洗礼名ドン・パウロ。同年7月、兼定は大友氏の助けを借り再興を図って土佐国へ進撃したが、四万十川の戦いで大敗し戦国大名としての土佐一条氏は滅亡した。その後は瀬戸内海戸島に隠棲したが、旧臣であり、一条氏の縁者の入江左近に暗殺されかけ重傷を負うなどの苦難にあった様子がアレッサンドロ・ヴァリニャーノの書簡などから伺える。天正9年(1581年)京都から長崎への帰路の最中ヴァリニャーノは兼定を見舞っているが、その際、兼定は熱心で信心深い信仰生活を送っており、ヴァリニャーノは感嘆したという[1]

天正13年(1585年)7月1日に戸島で卒去

人物[編集]

  • 1代で土佐一条氏を滅ぼしたため『土佐物語』など軍記には暗愚な人物として描かれている[2]。ただこれらは時代が下ってから記されたものであるので信用性に疑問が残る。追放後も、四万十川の戦いに際して伊予・土佐の国人領主の支持を受け、更に長宗我部氏の工作に買収された旧臣に殺されかかるなど、兼定は最後まで旧領回復の強い意思を示し、反対に長宗我部氏はその存在を警戒し続けたことがうかがえる[3]
  • 兼定の隠居については、土佐一条家の戦国大名化を嫌う京都の一条家当主である一条内基の強い意向であったとする説[4]が今日の有力説となっている。内基は兼定に対しては権中納言昇進を花道に隠居という体裁を整え、長宗我部氏に対しては土佐西部の支配を認める代わりに一条家の権益を守ろうとした。兼定追放やその後の土佐一条家の内紛は京都の一条家の意向に従う家臣とこれに反発する家臣の対立であったと言える[5]
  • 結城了悟は、大名としては寂しさと悲しさを残す生涯を送った兼定だが、その信仰は純粋であり、美しいと評している[6]
  • 平田村(現・高知県宿毛市平田町)には美男子で仁徳の将とされる兼定と絶世の美女お雪との不思議な恋の話が伝わり、今でも宿毛市平田町ではヤーサイ祭として兼定とお雪の供養をしている。

官歴[編集]

『諸家伝』による。

偏諱を与えた人物[編集]

登場作品[編集]

小説
  • 大原富枝『於雪 - 土佐一條家の崩壊』〈中公文庫(A58)〉、1975年。ISBN 978-4-12-200213-5
  • 山本大『長宗我部元親』吉川弘文館、1987年。ISBN 4642051031
ゲーム

脚注[編集]

  1. ^ 結城 1999, p. 231.
  2. ^ 「性質軽薄にして常に放蕩を好み、人の嘲を顧みず、日夜只酒宴遊興に耽り、男色女色し諂をなし、又は山河に漁猟を事とし、軽業力業異相を専ら」(『土佐物語』)。「形義荒き人にて、家中の侍共、少しの科にも扶持を放し、腹をきらせなどせらる」(『元親記』)。「軍国の大事はすてて問はず」「将を御するの道は督責を加ふるに在りとて刑罰を苛酷にし」(『海南志』)。
  3. ^ 石野弥栄、「戦国期南伊予の在地領主と土佐一条氏」、市村高男編 『中世土佐の世界と一条氏』 高志書院、2010年。ISBN 978-4-86215-080-6 
  4. ^ 朝倉慶景「天正時代初期の土佐一条氏」『土佐史談』166、167、172、175号。
  5. ^ 秋澤繁「織豊期長宗我部氏の一側面-土佐一条氏との関係(御所体制)をめぐって-」『土佐史談』215号、2000年。/所収:平井上総編 『長宗我部元親』 戎光祥出版〈シリーズ・織豊大名の研究 第一巻〉、2014年。ISBN 978-4-86403-125-7 
  6. ^ 結城 1999, p. 230.

参考文献[編集]