一条忠香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
一条忠香
時代 江戸時代後期
生誕 文化9年2月13日1812年3月25日
死没 文久3年11月7日1863年12月17日
別名 号:後大勝寺
官位 従一位左大臣
主君 仁孝天皇孝明天皇
氏族 一条家
父母 父:一条忠良、母:細川富子(細川斉茲の娘)
養父:一条実通
兄弟 実通忠香久我建通秀子、知君、通子、崇子など
正室:一条順子伏見宮邦家親王第二王女)
側室:新畑民子(一条家典医の娘)
実良、明子、美子
養子:美賀子輝子
テンプレートを表示

一条 忠香(いちじょう ただか)は、江戸時代後期の公卿関白一条忠良の四男。官位従一位左大臣一条家22代当主。法号は後大勝寺。

14代将軍継嗣問題では一橋派を支持。公武合体派で、尊攘派の公家と対立した。余技で絵を能くしたほか、鹿背山焼で好みの煎茶器を作らせた。明治天皇皇后昭憲皇太后の実父にあたる。

経歴[編集]

文化9年(1812年2月13日誕生。文政2年(1819年)8月11日童昇殿。同年8月28日元服禁色昇殿鷹司政通加冠を務めた。同日、正五位下。同年9月1日、左近衛権少将叙任。同年9月15日、従四位下叙位。同年12月10日、右近衛権中将叙任。文政3年(1820年)正月19日、従三位。文政4年(1821年)12月19日、正三位。文政5年(1822年)8月16日、権中納言。文政11年(1828年)2月4日、権大納言。同年4月3日、従二位天保9年(1838年)10月17日、正二位弘化5年(1848年)3月21日、右近衛大将左馬寮御監叙任。嘉永2年(1849年)正月14日、左近衛大将右馬寮御監叙任。安政5年(1858年)3月21日内大臣に叙任。安政6年(1859年)3月27日、左近衛大将及び左馬寮御監を辞任。同日、左大臣となり、随身兵杖を許された。万延元年(1860年)4月5日、従一位となる。文久元年(1861年)、左大臣となる。文久2年(1862年)に新設の国事御用掛に子・実良らと共に就任。文久3年(1863年)4月11日、男山八幡宮行幸供奉。同年11月7日、左大臣及び兵杖を辞退し、同日に薨去。享年52。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 昭憲皇太后は一条家典医の娘で忠香側室となった新畑民子(花容院)の子である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]