一条忠香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

一条 忠香(いちじょう ただか、文化9年2月13日1812年3月25日) - 文久3年11月7日1863年12月17日))は江戸時代後期の公卿。法号は後大勝寺。一条忠良の四男。母は細川斉茲女従三位富子。室に順子女王伏見宮邦家親王第二王女)がいる。兄に一条実通、弟に久我建通がいる。子に一条実良、明子(柳沢保申正室)、美子(明治天皇皇后、昭憲皇太后[1]、養女・峯(三条実万女、細川韶邦正室)、養女・美賀子今出川公久女、徳川慶喜御台所)、養女・千代(醍醐忠順女輝姫、慶喜の婚約者だったが疱瘡のため破談し後に毫摂寺善慶室)らがいる。従一位左大臣。14代将軍継嗣問題では一橋派を支持。公武合体派で、尊攘派の公家と対立した。

経歴[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 昭憲皇太后は一条家典医の娘で忠香側室となった新畑民子(花容院)の子である。

関連項目[編集]