一条房冬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
一条房冬
時代 戦国時代
生誕 明応7年(1498年
死没 天文10年11月6日1541年11月23日
戒名 円明院殿二品幕下明叟宗賢
官位 正二位、左近衛大将
氏族 土佐一条氏
父母 父:一条房家
兄弟 房基房通、尊快、房忠教行兼朝、盛岳、教快、西園寺公宣室、津野基高室、町顕冬
正室:玉姫伏見宮邦高親王の娘)
側室:大内義興の娘、敷地藤安の娘
房基大内晴持、真海
テンプレートを表示

一条 房冬(いちじょう ふさふゆ)は、戦国時代公家戦国大名土佐一条氏の第3代当主。

生涯[編集]

明応7年(1498年)、一条房家の嫡男として誕生。

天文8年(1539年)、父・房家が死去すると跡を継ぎ、天文4年(1535年)には官位は正二位左近衛大将にまで昇った。左近衛大将に任命された際に秘かに朝廷に銭1万疋の献金を約束していたが、後奈良天皇は献金を断った。越中国に下向したこともあったという。

天文9年(1540年)、家臣の讒言により傅役で土佐一条家の重臣だった敷地藤安を自害させ、後に藤安の無実を知ると激しく後悔したという。

天文10年(1541年)11月6日、父の死からわずか2年後に病死した。享年43。跡を嫡男の房基が継いだ。