一条輝良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

一条 輝良(いちじょう てるよし、宝暦6年11月7日1756年11月28日) - 寛政7年10月14日1795年11月25日))は、江戸時代の公卿。一条道香の子。正室は徳川重倫の娘懿姫。子に一条忠良西園寺実韶、和子(鶴君、三条公修室)、輝子(壽美君、伏見宮貞敬親王御息所)がいる。

明和8年(1771年)に内大臣となり、以後、右大臣左大臣を歴任し、寛政3年(1791年)に関白になった。