九条忠基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
九条忠基
時代 南北朝時代 - 室町時代初期
生誕 興国6年/貞和元年(1345年
死没 応永4年12月20日1398年1月8日
官位 従一位関白
主君 後光厳天皇後円融天皇
氏族 九条家
父母 父:九条経教、母:三条実忠
兄弟 忠基教嗣、孝円、満家経覚、道尊、仁意
養子:満家
テンプレートを表示

九条 忠基(くじょう ただもと)は、南北朝時代から室町時代初期にかけての公卿関白九条経教の子。官位従一位・関白。九条家11代当主。

経歴[編集]

正平12年/延文2年(1357年従三位に叙せられる。左大臣などを歴任した後、天授元年/永和元年(1375年12月27日従一位・関白に就任、天授5年/康暦元年(1379年8月22日辞職。

応永4年(1397年12月20日薨去。異母弟で養子の満家が跡を継いだ。