藤原武智麻呂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
藤原武智麻呂
Fujiwara no Muchimaro.jpg
藤原武智麻呂像(栄山寺蔵)
時代 飛鳥時代 - 奈良時代前期
生誕 天武天皇9年(680年
死没 天平9年7月25日737年8月29日
墓所 奈良県五條市栄山寺裏山(後阿陀墓)
官位 正一位左大臣太政大臣
主君 文武天皇元明天皇元正天皇聖武天皇
氏族 藤原氏南家
父母 父:藤原不比等、母:蘇我娼子
兄弟 武智麻呂房前宇合麻呂宮子長娥子光明子多比能
貞媛、紀麻呂女、阿祢姫
豊成仲麻呂乙麻呂巨勢麻呂、南殿
特記
事項
藤原南家
テンプレートを表示

藤原 武智麻呂(ふじわら の むちまろ)は、飛鳥時代から奈良時代前期にかけての貴族藤原不比等長男藤原南家の祖。官位正一位左大臣太政大臣

経歴[編集]

大宝元年(701年正六位上内舎人に叙任されて官途に就く。大宝2年(702年中判事に任官するが、病を得て翌大宝3年(703年)中判事を辞任する。1年ほど養生したの後、大宝4年(704年)大学助に任ぜられるが、当時藤原京遷都に伴って人心慌ただしく、学生は四散するなど大学寮が衰微していた。そこで、武智麻呂は大学頭・百済王郎虞とともに碩学を招いて経書史書を講説させたところ、遠近の学者が集まり再び大学寮は充実したという。また慶雲2年(705年)2月の釈奠のために、年功を積んだ儒者であった刀利康嗣に後世の模範となる釈奠文を作成させたという[1]。なお、この釈奠文は日本に現存する最古の物である[2]

かつて病気のために1年ほど官界を離れていたこともあって、同年12月に1歳年下の弟・房前と同時に従五位下叙爵する。翌慶雲3年(706年)大学頭に昇任するが、学生に『詩経』『書経』『礼記』『易経』を学ばせて訓導するなど、引き続き大学寮の発展に務めた。和銅元年(708年図書頭侍従に遷ると、壬申の乱以来散逸していた図書寮の書籍について、民間に協力を求めて採集し充実を図ったという[1]

和銅4年(711年)に再び房前と同時に従五位上に叙せられ、和銅5年(712年近江守に任ぜられ地方官に遷る。近江守在職中の霊亀2年(716年寺院が所有する田園の利益を占有するために、多くの土地を分け取る一方で造営を行わず、虚偽の僧侶の名簿を提出している状態であるため、これを正し綱紀を引き締めるべき旨を奏上した。この奏上は許されると共に、この奏上を受けて、妄りに建立された寺院の整理・統合を進めることや、壇越による寺院所有田地の私物化禁止などの寺院政策が行われている[3]

その後は武智麻呂が位階の上では先に昇進し、和銅8年(715年)に武智麻呂が従四位上、房前は従四位下に、養老3年(719年)には武智麻呂は正四位下、房前は従四位上にそれぞれ同時に昇進している。しかし、この間の霊亀3年(717年)房前が参議に任ぜられ、武智麻呂に先んじて公卿となっており、藤原不比等嫡男を兄の武智麻呂ではなく房前とする学説が出されたこともある。

しかし、養老4年(720年)8月に父の右大臣・藤原不比等が薨去すると、翌養老5年(721年)正月に武智麻呂・房前兄弟は従三位に昇進した上で、武智麻呂は参議を経ずに中納言に任官する。武智麻呂は太政官の席次でも房前の上位となり、一躍藤原氏一族の中心的存在となる。一方で、同年10月には元明上皇が死の床で、右大臣・長屋王とともに一介の参議であった房前を召し入れて後事を託し[4]、さらに房前を祖父・藤原鎌足以来の内臣に任じて、内外の政務を担当して天皇を補佐するように命じる[5]。この状況から、藤原氏主導の政権運営を志向する武智麻呂と、長屋王と連携しながら内臣として内廷で政治力を発揮しつつ皇親政治を維持しようとした房前との政治路線の違いがあったともされる[6]

神亀元年(724年聖武天皇の即位に伴い、房前と同時に正三位に昇叙される。天平元年(729年)左大臣・長屋王が謀反の疑いを受けて、吉備内親王と所生の諸王らとともに自害させられる。この長屋王の変は、2月10日に謀反の密告を受けると直ちに藤原宇合らに六衛府の兵士数百人を引率させて長屋王邸を包囲させ、翌11日に武智麻呂は皇親勢力の大物であった舎人新田部両親王、大納言多治比池守らを担ぎ出して長屋王邸に赴いて糾問を行い、12日には長屋王と妻子を自害させ早くも変を終結させるという、用意周到な計画の元に非常に速やかに実行された。この変の首謀者については、

  1. 藤原四兄弟が協力して主導した[7]
  2. 武智麻呂が主導し房前以下の兄弟3人が役割を分担した[8]
  3. 武智麻呂が主導し宇合・麻呂兄弟が協力して房前は埒外に置かれていた[9]

の諸説がある。いずれにしても、武智麻呂は長屋王に対する糾問に参画するなど変で中心的な役割を果たすとともに、変後に行われた任官でも大納言に昇進し、昇進面で房前を大きく引き離して藤原氏の氏上としての立場を明確にした。

天平3年(731年)7月に大納言・大伴旅人の薨去により実質的に太政官の首班となり、同年8月には弟の宇合・麻呂を参議に昇進させて議政官に加えて藤原四子政権を確立させた。天平6年(734年)には従二位右大臣に至る。

天平9年(737年)7月25日に当時流行していた天然痘により薨去享年58。臨終の床にて正一位左大臣官位を授けられる。天然痘の流行により、武智麻呂以下藤原四兄弟はいずれも倒れ、藤原氏の勢力は一時衰えた。天平宝字4年(760年)になって太政大臣を追贈されている。

弟の房前に比べると政治的活動は乏しいと言われているが、大学頭だった時代に大学制度の設立に尽くすなど、文教行政面での活躍は特筆すべきものがある。武智麻呂自身も深い教養の持ち主であり、聖武天皇の皇太子時代には家庭教師役(春宮傅)に選ばれたこともあった。武智麻呂の生涯を記したものとしては、『藤氏家伝』に収められた「武智麻呂伝」があるが、同書は武智麻呂の顕彰を目的にしていることに注意を必要とする。

奈良県五條市栄山寺裏山に墓所があり、これは『延喜式諸陵寮の「後阿陀墓」に当たる(国の史跡に指定)。

官歴[編集]

注記のないものは『続日本紀』による。

系譜[編集]

尊卑分脈』による。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『藤氏家伝』下
  2. ^ 木本[2013: 19]
  3. ^ 『続日本紀』霊亀2年5月15日条
  4. ^ 『続日本紀』養老5年10月13日条
  5. ^ 『続日本紀』養老5年10月24日条
  6. ^ 木本[2011: 4]
  7. ^ 野村忠夫『律令政治の諸様相』塙書房、1968年。中川収「藤原四子体制とその構造上の特質」『日本歴史』320号、1975年
  8. ^ 辻克美「武智麻呂と房前」『奈良史学』3号、1985年
  9. ^ 瀧浪貞子「武智麻呂政権の成立」『古代文化』37巻10号、1985年
  10. ^ 木本[2013: 9]
  11. ^ 『公卿補任』

参考文献[編集]

  • 瀧浪貞子「武智麻呂政権の成立」『古代文化』37巻10号
  • 辻克美「武智麻呂と房前」『奈良史学』3号
  • 中川収「藤原武智麻呂と藤原房前」『古代文化』45巻8号
  • 本間満「藤原武智麻呂の東宮傅について」『日本私学教育研究所紀要』38号
  • 木本好信「藤原武智麻呂政権の成立」『奈良朝政治と皇位継承』、高科書店
  • 木本好信『藤原四子』ミネルヴァ書房、2013年
  • 木本好信「藤原麻呂の後半生について--長屋王の変以後の武智麻呂との関係を中心に-」『甲子園短期大学紀要』29、2011年

関連項目[編集]