藤原長娥子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤原 長娥子(ふじわら の ながこ、生没年不詳)は、奈良時代(8世紀)の宮人藤原不比等の二女。母は不明だが、文武天皇の夫人・藤原宮子と同母で、加茂朝臣比女とも推測される。長屋王となり、安宿王黄文王・山背王(藤原弟貞)・教勝の3男1女をもうけた。

略歴[編集]

神亀元年(724年)2月、従四位下から従三位に叙せられた。天平元年(729年)の長屋王の変では、妃の吉備内親王とその所生の膳夫王らは長屋王と共に自経して果てたのに対し、長娥子およびその所生の子らは、不比等の血を引くことをもって特に助命された[1]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 吉川弘文館『日本古代氏族人名辞典』