一条房基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
一条房基
時代 戦国時代
生誕 大永2年(1522年
死没 天文18年4月12日1549年5月9日
戒名 光寿寺殿三品中郎将香叔
墓所 高知県四万十市中村小姓町の一条房基供養墓
官位 従三位非参議
氏族 土佐一条氏
父母 父:一条房冬、母:玉姫(伏見宮邦高親王娘)
兄弟 房基大内晴持、真海
正室:大友義鑑
兼定安芸国虎正室、
阿喜多(伊東義益正室)
テンプレートを表示

一条 房基(いちじょう ふさもと)は、戦国時代公家大名土佐国司土佐一条氏4代当主。

生涯[編集]

大永2年(1522年)、一条房冬の嫡男として誕生。

享禄元年(1528年)に従五位下に叙せられ、享禄5年(1532年)には右近衛中将天文9年(1540年)には従三位にまでなり、阿波権守を兼官した。天文10年(1541年)、父・房冬の死後、家督を継いだ。智勇に優れた人物で[1]、天文11年(1542年)に謀反を起こした津野基高(つの もとたか)を破り、天文15年(1546年)には津野氏を降伏させ、同じ頃に大平氏の本拠地の蓮池城を奪い、高岡郡一帯が一条氏の支配下に入った[2]。また、伊予国南部への進出を図るなど一条氏の勢威を拡大した。

ところが、天文18年(1549年)、突如として自殺した。享年28。跡を嫡男の兼定が継いだ。理由は狂気のためであるといわれているが、詳細は不明。戦国大名のような攻撃的な振る舞いを京の一条宗家に疎まれたための暗殺という説もあるが、憶測の域を出ない。墓は光寿寺にあったが、同寺の廃寺後、墓の所在が不明となった。後に供養墓が再建されている。

偏諱を与えた人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 長宗我部国親本山茂宗の縁組と和平仲介、領土拡大など一条家の勢力拡大に成功している。
  2. ^ 宮地啓介「仁淀川下流における土佐一条氏の動向」(市村高男編『中世土佐の世界と一条氏』(高志書院、2010年) ISBN 978-4-86215-080-6