一条実通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
一条実通
時代 江戸時代後期
生誕 天明8年8月2日1788年9月1日
死没 文化2年5月25日1805年6月22日
別名 号:清源院
官位 従三位権中納言
主君 光格天皇
氏族 一条家
父母 父:一条忠良
兄弟 実通忠香久我建通秀子、知君、通子、崇子など
養子:忠香
テンプレートを表示

一条 実通(いちじょう さねみち)は、江戸時代後期の公卿左大臣一条忠良(後に関白)の嫡男。官位従三位権中納言一条家21代当主。清源院と号する。

経歴[編集]

享和元年(1801年)に元服して、従五位下左近衛権少将に任ぜられ、その年の内に従四位下・左近衛権中将に、更に翌年には正四位下へと昇進する。

享和3年2月19日1803年4月10日)、従三位に昇進して公卿に列する。文化元年(1804年)には権中納言左衛門督に任じられるが、翌年に18歳で病死した。このため、弟・忠香が実通の養子として家督を継ぐ事になった。